Otsuka Health Promotion for Woman

わたし、からだ上手にやさしくつきあえる毎日を。

女性のこころとからだは、女性ホルモンの影響を受けます。
一ヶ月ごとの波。一生の間にも大きな波が訪れます。
けれど、女性ホルモンは健康と美をささえる大事なパートナー。

上手な付き合い方を知り、正しいセルフケアを!

製薬はひとりひとりに寄り添い自分らしく、美しく、心地よく前を向ける日常をサポートします。

「女性のヘルスリテラシー健康に関する自己管理能力 向上」
この社会をもっと元気に

世の中の女性たちの活躍が期待されている昨今。
一方で、その活躍を妨げている一因としてPMS(月経前症候群)や更年期の諸症状など女性特有の健康問題があります。
女性たちの持つ力を最大限発揮するためには、 こういった健康問題に正しく対処するための「ヘルスリテラシー」が重要なのではないかと考え、製薬はその現状を探るためのアンケートを実施しました。
もっと日本社会が元気になるために、世の中全体で「女性の健康」について、考えてみませんか?

女性の健康に関する調査 | 対象者:全国の日本人女性、35-59歳、約2,400名/実施時期:2021年1月

1 正しい「健康管理」の方法とは?

「婦人科検診を定期的に受診している人」や「かかりつけ婦人科医を持っている人」が驚くほど少ないことが明らかに。

  • Q.定期的に婦人科検診を受けていますか?

    ほぼ/全く受診しない49%

    • 定期的に受診 21%
    • ほぼ定期的に受診 11%
    • 不定期だが受診 19%
  • Q.かかりつけ婦人科医がいますか?

    かかりつけ婦人科医はいない72%

    • かかりつけ婦人科医はいる 28%
  • Q.セルフケアや医療機関などは利用していますか?

    セルフケアも医療機関利用もしていない48%

    • セルフケアと医療機関の利用 14%
    • 医療機関の利用のみ 22%
    • セルフケアのみ 17%

私たちが健康管理に取り組む上では、一般的なセルフケア(食生活・運動・サプリメント利用等)はもちろんのこと、 体調の悪化や病気を防ぐための第一歩として、“専門家による健康状態の把握” も欠かせません。

自分の健康のために行動する人としない人では一体何が違うの?

2女性ホルモンの「理解」が「行動」にもつながる

女性の健康の守り神と言われる「女性ホルモン」に関する知識がある人は非常に少ないという事が分かりました。

女性の健康に関して持っている知識

月経の仕組み 33 %
妊娠の仕組み 29 %
更年期症状・障害 24 %
PMS(月経前症候群) 22 %
子宮・卵巣の病気 19 %
年齢に伴う女性特有の疾患 18 %
女性ホルモンの働き 17 %
女性ホルモンの変化の影響 16 %

また、この女性ホルモンに関する知識の有無は、 健康のための “行動に移しているか” ということに関係しているという事実も見えてきました。

女性ホルモンの維持、変化に対応するため

女性ホルモンの知識なし 女性ホルモンの知識あり
規則正しい食生活・栄養バランスに気を付けている 13% 35%
十分な睡眠をとっている 12% 32%
変化に対応するために運動している 6% 20%
アプリや体温測定によって、自分の女性ホルモンの変化を把握している 3% 13%
アロマオイルや半身浴などを活用している 3% 10%

女性ホルモンの低下による変化に伴い

女性ホルモンの知識なし 女性ホルモンの知識あり
健康食品・サプリメントを摂っている 4% 17%
医療機関を利用している 1% 7%

女性ホルモンのバランスを保つ為に

女性ホルモンの知識なし 女性ホルモンの知識あり
アロマオイルや半身浴などを活用している 5% 17%
医療機関や医薬品を利用している 2% 7%

そんな女性たちを取り巻く環境は…

3 もっとサポートして欲しい家庭と職場!

女性を取り巻く環境が「女性の健康に知識・理解がある」と答えた人の割合は2割しかおらず、 多くの女性が「自分の健康について分かってもらえていない」と感じながら生活を送っているという結果に。

Q.女性の周囲環境は、女性の健康に知識・理解があると思いますか?

  • 全くないと思う 10%
  • あまりないと思う 34%
  • どちらとも言えない 37%

非常にある・ややある 19%

家族・パートナーが「女性の健康に関する理解・配慮がある」と回答した女性はわずか2割。
“理解者”であって欲しい身近な人々にも「十分に支えてもらえていない」と感じている人が多いようです。

Q.家族やパートナーが「女性の健康」をどの程度理解していると感じますか?

女性の健康に対して理解がある 22%
女性の健康に関してオープンに話し合っている 18%
女性の健康に対して配慮している 15%
女性の健康に関して大切に扱われている 12%

女性の健康に対して「企業が取り組んでいる」と回答した人はわずか13%。
職場環境でも、女性の健康に関するサポートが足りていないことが分かりました。

Q.企業は女性の健康のために取り組みを行っていると感じますか?

  • ある程度/かなり取り組んでいる 13%
  • どちらとも言えない 42%
  • あまりない取り組んでいない 31%
  • 全くない取り組んでいない 14%

職場における実際の取り組みについて、「実施されている」と回答した人の割合は1割にも達していません。

妊娠や育児期に女性が働き続けやすい環境を整備している 9%
女性従業員の状況や想いを正しく理解する取り組みをしている 4%
婦人科検診や通院のため、制度が整っている 3%
女性従業員が男性管理職と円滑にコミュニケーションが取れるような仕組みがある 3%
女性対象の能力開発や管理職研修実施により、女性の活躍を推進する仕組みがある 3%
女性の健康に関して、理解を深めるための社員研修が行われている 1%
女性の健康について自己学習できるツールが用意されている 1%
産業医に婦人科の医師がいる 1%
託児所の設置やベビーシッターの利用支援制度がある 1%
不妊治療の支援をしている 1%

女性の健康のために自身の知識と行動周囲の理解と配慮

4 自身でできる対策はもちろん医療機関を合わせて利用することで…

一般的なセルフケア(食生活・運動・サプリメント利用等)や 婦人科を中心とする医療機関の利用による健康管理と、生活への満足度や仕事・家事におけるパフォーマンスの間には密接な関係があることが明らかに。

生活への満足度

一般的なセルフケアに加えて、医療機関を利用している人は、「人に対して思いやりが持てる」「今の自分が好きである」と回答している人が多く、現在の生活に対する満足度が高いことが伺えます。

セルフケア・医療機関なし セルフケア・医療機関あり
自然体で過ごせる 28% 49%
人に対して思いやりが持てる 20% 36%
心の余裕(ゆとり)を持って相手に接することができる 13% 29%
今の(そのときの)自分が好きである 10% 25%
内面から美しく生きる 7% 20%

仕事・家事におけるパフォーマンス

一般的なセルフケアに加えて、医療機関を利用している人は、家庭・職場でのパフォーマンスが安定しているようです。特に、月経の前や最中、更年期といった女性特有の健康課題に関して、自身のカラダに関心を持ち、その状態を正しく把握することが大切です。

仕事・家事のパフォーマンスが安定していると回答した人の割合
  • なし25.8%
  • あり40.3%

セルフケアと医療機関の利用

5 持てる力を十分に発揮するために“医療機関”のサポートを受けて「新・セルフケア」を!

女性の活躍を妨げる健康問題に適切に取り組むには、「女性ホルモン」に関する正しい知識の習得や、「一般的なセルフケア」に加えて、医療専門家によって、普段から健康状態の正しい把握を。
そのためには、特定の病気の早期発見と治療のための「婦人科検診(二次予防)」だけではなく、健康な時から、自身の健康状態を客観的・専門的に把握し、気を予防することを目的とした「婦人科健診(一次予防)」が重要です。

一般的なセルフケア×医療機関の利用=
活躍できる こころからだ

従来のセルフケア 新・セルフケア

「かかりつけ医」「婦人科健診/検診」は一般的にはセルフケアとは認識されていませんが、大変重要な要素です。

製薬は女性の健康を推進するために、これらをすべて合わせた「新・セルフケア」を提唱します。

女性と企業・社会を応援する 女性の健康推進プロジェクト

女性たちの多くは、育児や介護、そして自身の健康問題などと向きあいながら家事・仕事を行っています。
しかし、女性ホルモンに起因するさまざまな症状が表れ、能力の発揮を妨げることも。

製薬の「女性の健康推進プロジェクト」は、女性の皆さまご自身はもとより、企業の皆さまのヘルスリテラシー向上もお手伝いするべく、マスメディア・Webサイト・セミナー等を通じた情報発信に取り組んでいます。

活動内容

学会・医師会・薬剤師会、地方自治体・経済団体などと共同で、女性の健康啓発活動を実施。
また、一般の方向けのみならず、企業の方に向けたセミナーも各地で開催しております。

運営するWebサイト

3分でタイプ別アドバイス 女性のヘルスリテラシー診断

女性の健康に関する17項目のうち当てはまるものにチェックを入れると、あなたのヘルスリテラシースコアが明らかに。

さぁ、トライしてみましょう!

知識

行動

あなたのタイプ {{ resultPersonal.label }}

  • 知識【 {{ resultPersonal.rank.knowledge }} 】
    {{ resultPersonal.point.knowledge }}
    8点満点
  • 行動【 {{ resultPersonal.rank.action }} 】
    {{ resultPersonal.point.action }}
    9点満点

あなたに贈る言葉

{{ resultPersonal.message.by }}

人生100年時代 一人一人が自身の健康と向き合う真のセルフケアを

平均寿命が延び続けている現代は「健康の価値がますます高まる時代」ともいえるでしょう。
職場や家庭で能力を存分に発揮し、さらに年齢を重ねてからも健やかで美しい自分であり続けるために、 ぜひ「新・セルフケア」を実践し、人生100年時代を満喫してください。

私たち大製薬は、皆さまをずっと応援し続けます。

現状の改善策が3分で分かる職場の「意識と制度」診断

女性の健康に関する意識と制度に関する20項目のうち当てはまるものにチェックを入れると、あなたの職場の現状が丸わかり

さぁ、トライしてみましょう!

意識

制度

あなたの会社の女性の健康意識について

  • 意識【 {{ resultCompany.rank.senses }} 】
    {{ resultCompany.point.senses }}
    10点満点
  • 制度【 {{ resultCompany.rank.program }} 】
    {{ resultCompany.point.program }}
    10点満点

企業と従業員が女性の健康課題と向き合うために

下記のアンケート結果を企業や従業員の希望に合ったものを探していただくヒントにして最初の一歩を踏み出しませんか?

女性従業員が会社に求めるサポート

女性特有の健康課題などにより 職場であきらめなくてはならないと 感じた事はありますか。
(n=2400)

  • そういう経験はない57%
  • あきらめた経験がある43%

その際に職場で必要と感じたもの、あれば助かったと思われるものはどんなものがありますか。
(複数選択、n=1020)

会社による業務分担や適切な人員配置などのサポート 41%
治療などのための休暇制度や柔軟な勤務形態を支えるサポート 33%
上司や部署内でのコミュニケーション 32%
総務部や人事部などからのアドバイスやサポート 27%
ライフイベント、年齢などに関わりなく活用できるキャリアアップ制度 23%
産業医や婦人科医など専門家への相談窓口 21%
保険者によるサポート 18%
予防や意識啓発を図るための健康教育 14%
その他 5%

出典:経済産業省ウェブサイト
「健康経営における女性の健康の取り組みについて」
を加工して作成

大塚製薬の女性の健康推進への取り組みは、経済産業省のサイトでも紹介されています。

「働く女性の健康推進に取り組む企業と支援事業者取り組み事例集」
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/H30joseinokenko-jireishu.pdf

診断中...