大麦生活

通販サイトで大麦生活を購入する

HOME

大麦生活とは?

大麦の魅力

大麦キッチン

健康コラム

お客様の声

健康コラム

揚げものを多く食べると心不全リスクが……

揚げものを多く食べるほど心不全を発症するリスクが高まる――こんな研究結果が、米ボルチモアで開催された米国心臓協会(AHA)の年次集会で発表されました。

米ハーバード大学医学部(ボストン)内科准教授の Luc Djousse氏らが米国立心肺血液研究所(NHLBI)の助成を受けて実施した研究です。

写真:ドーナツ

研究では、医師健康調査(PHS)に参加した男性医師1万5,300人以上のデータを収集しました。対象者の平均年齢は研究開始時に66歳。過去3年間の食物の摂取頻度に関する質問票に記入してもらい、その後約10年間追跡しました。追跡期間中に632人が心不全を発症していました。

週7回食べる人はリスクが1.7倍に

分析の結果、揚げものを週1~3回食べる男性では、週1回未満の男性に比べ、心不全の発症リスクが18%高いことが分かりました。

さらに週4~6回食べる男性では、週1回未満の男性に比べ、心不全の発症リスクが25%、7回以上食べる男性では同68%が高くなっていました。

揚げものを減らして健康的な食事を

Djousse氏は、「心不全などの慢性疾患を予防するには、1週間に食べる揚げものの頻度と量は減らしたほうが良いことが示されました」と述べ、果物や野菜、豆類、全粒粉を豊富に含み、飽和脂肪や赤身肉、塩分、揚げものが少ない食事が健康的だとしています。

AHAによると、心不全は65歳以上の高齢者でもっとも多い入院理由の1つです。

この結果を受けた心臓専門医の1人は、フライドポテトやドーナツ、フライドフィッシュやチキンなどの揚げもの摂取をやめるよう提案しています。

なお、今回の研究は揚げものの摂取と心不全リスクの関連を明らかにしただけで、因果関係を証明したわけではありません。また、学会発表のデータおよび結論は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされます。

(HealthDay News 3月3日)

  1. 大麦生活とは?
  2. 大麦の魅力
  3. 大麦キッチン
  4. 健康コラム
  5. お客様の声