大麦生活

通販サイトで大麦生活を購入する

HOME

大麦生活とは?

大麦の魅力

大麦キッチン

健康コラム

お客様の声

健康コラム

ファストフードは実はレストランより塩分控えめ。
でも不足する栄養素も?

写真:ハンバーガー

「ファストフードは体に悪い」というイメージがありますよね。しかし最近の研究で、実はファストフード店よりも、普通のレストランで食事をするときのほうが、塩分やコレステロールの摂取量が多いことが明らかになりました。

この研究を行った米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校助教授のRuopeng An氏は、「ファストフードは何かと悪者にされがちですが、それはあくまでも、家で作った食事と比較した場合です」と指摘しています。

レストランの食事はビタミンやカリウムが豊富

An氏は、2003~2010年に全米で行われた調査のデータを調べました。この調査は、約1万8,100人の成人に2回のアンケートをして、24時間以内に食べた食事を答えてもらったものです。

回答によると、約3人に1人はファストフード店で食事をしており、4~5人に1人はフルサービスのレストランで食事をしていました。

この調査の結果、一部の主要なビタミン類(B6、E、K、銅、亜鉛)、カリウム、オメガ3脂肪酸の含有量の面からみると、ファストフードや家で作る食事に比べて、フルサービスのレストランが最も健康的だということがわかりました。

ファストフードにも利点あり! ただし、食物繊維などが不足

しかし一方でコレステロールについて調べると、レストランの食事には、家で作った食事よりも1日あたり58mgも多くコレステロールが含まれていました。それに比べ、ファストフードでは10mgの増加で済むことがわかりました。また1日あたりの塩分の量は、レストランでは家で作った食事よりも412mg多かったのに対し、ファストフードでは300mgで済みました。

塩分(ナトリウム)をとりすぎると、高血圧や心臓病になる危険が高まりますし、コレステロールの取り過ぎは心臓に良くないので、これは重要なことです。

ただ、飽和脂肪や砂糖の量を比べると、ファストフードが一番多くなってしまいました。さらに、食物繊維や、ビタミンA、D、C、マグネシウムも著しく不足していることがわかりました。

結局、一番よいのは家で食べること

写真:大麦ご飯

さらにAn氏は、いくつか興味深い点を報告しています。このアンケート結果では、ファストフードにしてもレストランにしても、肥満の人はカロリー摂取量が多い傾向があったのだそうです。

また、レストランで料理を注文して、それをテイクアウトして自宅で食べた場合、外で食べるよりも健康的な内容になることもわかったといいます。これは不思議に思われますが、An氏は、「おそらく、外食は人と会うなどの『イベント』であることが多く、長い時間をかけてゆっくり食事をとるからではないでしょうか」と指摘しています。

「いずれにしても、できる限り家で作った料理を食べるようにしたほうがよいでしょう」とAn氏は勧めています。

それが難しい場合のヒントとして、米テキサス大学サウスウエスタン医療センター助教授のLona Sandon 氏は、「油を使わずに調理した野菜や、脂肪の少ない肉のメニューを選びましょう。可能な場合は、ハーフサイズやキッズサイズなど、なるべく少ない量を選択することもポイントです」とアドバイスしています。

この結果は、医学雑誌「European Journal of Clinical Nutrition」に7月1日に論文として掲載されました。

(HealthDay News 7月10日)

  1. 大麦生活とは?
  2. 大麦の魅力
  3. 大麦キッチン
  4. 健康コラム
  5. お客様の声