大麦生活

通販サイトで大麦生活を購入する

HOME

大麦生活とは?

大麦の魅力

大麦キッチン

健康コラム

お客様の声

健康コラム

健康的な食生活で防げる、怖い"慢性疾患"がある?

健康的な食生活で防げる、怖い慢性疾患がある?

 健康的な食べ物を選ぶように気をつけましょう――そうすれば、ちょうどよい体重を維持できるだけではなく、さまざまな"慢性疾患"を防げることがわかってきています。

 たとえば、最近発表された新しい2件の研究によると、食生活が関節リウマチを発症するリスクに影響を及ぼす可能性があると示唆されました。

 関節リウマチは、「自己免疫疾患」のひとつ。からだじゅうの関節が痛んだり、こわばったり、変形したりして、障害を引き起こします。原因は明らかになっていませんが、免疫システムの異常が関連するといわれています。どちらかというと、男性よりも女性に多くみられる病気です。

 今回の研究結果は、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院/ハーバード大学医学大学院(ボストン)内科助教授のBing Lu氏らによるもので、米サンフランシスコで開催された米国リウマチ学会(ACR)年次集会で11月7日に報告されました。

白米や肉、揚げ物などを食べると関節リウマチのリスク上昇

 1つ目の研究では、25~42歳の米国人女性約9万4,000人を対象として、1991~2011年に4年ごとに食生活に関する調査を行いました。この期間中に、対象者のうち約350人が関節リウマチを発症したことがわかりました。

 そして、典型的な北米式の食生活――つまり、赤肉や加工肉、精製穀物、揚げ物などを多く含む食生活をしていた人は、果物や野菜、豆類、全粒穀物、鶏肉、魚などを多く食べている人よりも、関節リウマチを発症する可能性が高かったことが判明したのです。

 さらにLu氏らの研究チームは、もう1つの研究で、女性を対象とした他の研究のデータを分析しました。

 その結果、「米国人のための食生活指針(Dietary Guidelines for Americans)」に従うことで、関節リウマチの発症リスクを低減できることが判明しました。このガイドラインは、健康体重を維持して慢性疾患のリスクを回避できるように、健康的な食べ物の選び方、身体的に活発でありつづける方法について、アドバイスするために作られたものです。

野菜や全粒穀物を食べれば関節リウマチを予防できる?

 Lu氏は、「今回の結果は、健康的な食生活によって、関節リウマチの発症を予防できる可能性があることを示しています。この関連性がみられた理由を検討するために、さらなる試験を行いたいと考えています」と、まとめています。

 同氏によると、これまでにも食事と関節リウマチに関する研究は行われたことがありましたが、個々の小さな研究グループによって行われていたため、わずかな効果を検出するには力不足だったといいます。そのために、これまで、食事が関節リウマチの発症に及ぼす役割については一定の結論が出ず、議論が続いていたというのです。

 ただし、今回の研究は、健康的な食生活と関節リウマチの発症率の低さが関連することを見出したものの、直接の「因果関係」を確立したものではありません。また、今回のデータや結論は学会発表されたものであり、一般的に、査読(審査)を受けて医学誌に掲載されるまでは、予備的なものとみなされます。

(HealthDay News 2015年11月8日)

  1. 大麦生活とは?
  2. 大麦の魅力
  3. 大麦キッチン
  4. 健康コラム
  5. お客様の声