ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2013年
  5. デンマーク・コペンハーゲン桜祭りにおいて...

大塚製薬株式会社

2013年4月30日

医療関連事業

デンマーク・コペンハーゲン桜祭りにおいて
大塚製薬発祥の地、徳島伝統の「阿波おどり」
社員44名からなる「大塚連」華麗な演舞を披露

  • 徳島発祥の企業として、400年以上続く徳島を代表する伝統文化で、日本三大盆踊りの一つである「阿波おどり」の継承に取り組む大塚製薬は、デンマークの首都、コペンハーゲンで開催された第6回コペンハーゲン桜祭りに在デンマーク日本国大使館の要請をうけ、大塚製薬阿波おどりチーム社員44名からなるグループを派遣し、「阿波おどり」を披露
  • 「大塚連」の阿波おどりは、社員がその伝統継承に貢献するために、地元阿波おどりに業務の一つとして参加。「下手な踊りを決して披露してはならない」との精神を大切に阿波おどりのプロの試験に受かった者のみが参加できる。コペンハーゲン桜祭りへの参加により、大塚製薬とルンドベック社の企業間の協業の枠を超え、日本とデンマークの文化交流に寄与を願う
  • 大塚製薬は2011年、デンマークの製薬会社であるルンドベック社と中枢領域で世界最大規模のアライアンスを提携。大塚製薬が創製した「ABILIFY MAINTENA」および「brexpiprazole」、ルンドベック社が創製したアルツハイマー型認知症の治療薬として開発中のLuAE58054を含む3つの化合物の研究、開発、商業化に共同で取り組む

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎、以下、大塚製薬)は、4月27日(土)、28日(日)にデンマークの首都コペンハーゲンで開催されたコペンハーゲン桜祭りに社員44名(男性19名、女性25名)からなる「大塚連」を派遣し、日本を代表する伝統文化「阿波おどり」を、在デンマーク日本国大使館のご協力のもと、初めて披露しました。

大塚製薬は、広く世界の人々の健康に目を向け、社会に貢献する気持ちを持ち、事業につなげる、チャレンジ精神あふれた人材の育成を目指しています。コペンハーゲンに派遣した「大塚連」の選抜メンバーも、日々厳しい練習で踊りや鳴り物の腕を磨くと同時に、国内外での踊りの披露や新しいフォーメーションを取り入れるなど、常に新しいことにチャレンジしています。今後もパートナー企業との企業間の協業にとどまらず、お互いの文化や商習慣を理解、尊重し合いながら、人々の健康に貢献する創薬の開発にチャレンジしてまいりたいと考えております。当社代表取締役社長の岩本太郎は「今回、大塚製薬の情熱溢れる社員をデンマークに派遣し、当社発祥の地・徳島の伝統文化である『阿波おどり』を披露できたことを嬉しく思います。デンマークの人々の異なる国や企業文化を学び尊重し合って、共に学び共に成長し更なる協業の発展を期待しています。」と述べています。

大塚製薬は2011年、シェラン島のコペンハーゲンを発祥とするデンマークの代表的な製薬会社であるH.ルンドベックA/S (本社:デンマーク、コペンハーゲン、CEO:ウルフ・ウインバーグ)と中枢領域におけるグローバルアライアンスを締結。その結果、中枢領域における両社を合算した売上高は世界第2位の規模に成長しました。中枢領域における世界最高のパートナーシップを持つ両社は、日本と北欧といった異なるバックグラウンドを共に学びながら、革新的な医薬品の開発・商業化に向けて取り組んでおります。また、アライアンス締結後の進捗についても、両社で定期的に説明の機会を設けています。本年3月には、大塚製薬の発祥の地、徳島で、「エビリファイ」*の共同プロモーションについて説明。「大塚連」を派遣する今回も、コペンハーゲン桜祭りの翌日、4月29日(月)に、アルツハイマー疾患と開発中の「Lu AE58054」に関する説明会を共同で開催しました。

  • 米国における2012年度第4四半期(10月〜12月)の売上、全処方箋医薬品中第1位(©2013 IMS Health MIDAS Quantum 4Q/2012 Sales dataをもとに作成 無断転載禁止)

■ 阿波おどりについて:
「踊るあほうに見るあほう」のおはやしで知られ、10万人の踊り手と、130万人の観客が押し寄せる、熱狂の祭り「阿波おどり」は、徳島県を発祥とする日本三大盆踊りの一つです。約400年の歴史があり、時には娯楽として人々を楽しませ、時には人々の生きる力を育んできました。この「阿波おどり」の起源については、諸説がありますが、江戸時代に城下町で行われていた組踊りや先祖供養の盆踊り、全国各地の芸能など、さまざまな要素を取り入れながら創意工夫が行われ、現在の形に至ったものと考えられています。そして、今日では、徳島県人会などが中心となり、全国70ほどの都市イベントとして、発展しつづけています。

■ 大塚連について:
大塚製薬は徳島発祥の企業として、徳島を代表する伝統文化である「阿波おどり」の継承に取り組んでいます。阿波おどりではチームのことを「連(れん)」と呼び、大塚製薬は企業連の「大塚連」として、毎年徳島市内の阿波おどり演舞場で踊りを披露しています。徳島、大阪、東京の社員が各事業所で有名連の指導のもと、厳しい練習を重ね、踊りや鳴り物の腕を磨き、最終審査に合格した社員だけが参加をすることができます。また、大塚連は常に新しいことにもチャレンジし、国内外での踊りの披露や新しいフォーメーションを取り入れるなど、「連」としてのさらなる成長を目指しながら、日本・徳島の伝統文化「阿波おどり」の継承に貢献していきます。

■ コペンハーゲン桜祭りについて:
コペンハーゲン桜祭りは、童話作家アンデルセンの生誕200年を記念し、日本の食品製造会社がコペンハーゲン市に200本の桜を寄贈したことからはじまった日丁交流イベントです。今年は6回目の開催となり、会場となったソメイヨシノ桜が咲くランゲリニエ公園には多くの地元市民が訪れ、日本の文化を楽しみました。

会社概要

H. ルンドベック A/S (H.Lundbeck A/S)

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。