コラム 暮らしを彩るワンポイントSay若創り学教室・浅香純子さんの
マイナス10歳メイク

第26回 
まとめ髪を美しく見せるコツ

ロングヘアをまとめるとボリュームがなくなると悩む菊川理恵さん(60歳)に、浅香さんが簡単なヘアセットの方法と、まとめ髪で目立つ首すじをすっきりさせるマッサージを紹介します。
第26回 まとめ髪を美しく見せるコツ/Say若創り学教室・浅香純子さんの【マイナス10歳メイク】

ヘアはボリュームとツヤが肝

菊川:若い頃は毛量が多いのが悩みだったのですが、今は束ねるとペタッとしてしまいます。
浅香:ヘアは目立つし、メイクで変えられないので、悩んでいる方は多いですね。
菊川:1本結びにすると、なんだか貧相で。
浅香:大人世代のヘアは、ボリュームとツヤが大事です。ヘアアレンジの前に、オイルやスタイリング剤を毛先につけて、ツヤを出す。髪の長い人は結んでトップの髪を引き出してボリュームを出す。髪が短い人も、トップにボリュームを出すようにスタイリングしてください。この2手間で印象が大きく変わります。
第26回 まとめ髪を美しく見せるコツ/Say若創り学教室・浅香純子さんの【マイナス10歳メイク】
1本に束ねたら、人差し指と親指を使ってトップの毛を少し引き出しボリュームアップ。おくれ毛はヘアアイロンなどで動きをつけると若さが出る。

首元のマッサージ

菊川:ヘアにボリュームが出ると10歳くらい若返る気がします(笑)。
浅香:そうでしょう。髪をアップにすると、首が目立つので、首のケアも教えましょう。
菊川:首までケアするとは!
浅香:首はしわやしみが意外と目立つもの。スキンケアの際は、顔と同じようにケアしてください。オイルやジェルをつけてすべりをよくしてから、首に手の甲を当て、リンパをゆするようにマッサージします(下画像)。
菊川:これは気持ちがいいですね。
浅香:リンパの流れが良くなり、血行もよくなるので、顔のむくみも取れます。
第26回 まとめ髪を美しく見せるコツ/Say若創り学教室・浅香純子さんの【マイナス10歳メイク】
手の甲全体を首の両サイド(耳の下)に置き、リンパをゆするように両手を同じ方向に軽く動かす。

メイクが背中を押す

菊川:メイクは、60歳になるまであまり興味がなかったのですが、最近、いろんなことにトライしてみたいなと思うようになったんです。
浅香:すばらしいですね!人生100年時代ですから、「楽しもう」という気持ちが大切ですよね。メイクは、菊川さんの背中をさらに押してくれるものになるでしょう。
菊川:ありがとうございます。化粧品検定やカラー検定に挑戦したり、メノポーズカウンセラーの資格を取ってみたいなとか、いろいろ考えています。人に会うことも増えると思うので、メイクで自信を持って挑んでいきたいです。
浅香:いくつからでも、人は変われる。私はそんな女性を応援していきたいです。
第26回 まとめ髪を美しく見せるコツ/Say若創り学教室・浅香純子さんの【マイナス10歳メイク】
「おくれ毛の先までつややかにね」とスタイリング剤をつける浅香さん。
第26回 まとめ髪を美しく見せるコツ/Say若創り学教室・浅香純子さんの【マイナス10歳メイク】
「メイクもヘアもばっちりでうれしい。新しい服を買いに行きたくなりました」と菊川さん。

純子のひとこと!

若創りメイクを覚えると、ヘアスタイルやファッションも変えてみたくなります。思い切って、前髪を切る、カチューシャをつける、高いヒールを履く、長いイヤリングをつける、ダイエットに挑戦するなど新しいことにチャレンジしてみてください。そうしているうちに自信がついて、ポジティブな精神を手に入れることができるのだと思います。
浅香純子(あさか・じゅんこ)さん
「Say若創り学教室」主宰。長年、大手化粧品会社でブランドマーケティングを担当。メイクアップアーティストブランド「RMK」、大人の女性のためのコスメティックブランド「SUQQU(スック)」を立ち上げる。2012年10月に中高年向けのスキンケア&メイクを学ぶための「若創り学教室」を東京・銀座にオープン。著書『40歳からの若見えメイク塾』(集英社)『50歳からは塗りすぎをやめると美しくなる』(大和書房)など。『助けて!きわめびと』(NHK)、『あしたも晴れ!人生レシピ』(NHK Eテレ)、『なないろ日和!』(テレビ東京)などTVにも多数出演している。
Share
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
美しく生きるヒントがきっとある

コラム記事

取扱い医療機関・店舗

医療機関・店舗を調べる

公式通販サイト

ご購入はこちら