更年期も元気にすごそう

更年期も元気にすごそう 監修:国際医療福祉大学教授 山王メディカルセンター 女性医療センター長 太田 博明先生 「更年期なんかに負けてられない」メノポーズ女性の心とからだを応援します。

更年期症状を緩和するために

更年期症状がひどい場合、その方に合った治療を行うことで症状を軽くすることができます。

医師との相談の上、自分に無理のない方法を選択しましょう。

ここでは更年期症状の緩和によく実施されている治療法について紹介します。

HRT(Hormone ReplacemenlTherapy)ホルモン・リプレースメント・セラピー

HRT(ホルモン・リプレースメント・セラピー)は、減少した女性ホルモン(エストロゲン)を外から補充する療法です。

卵巣からのエストロゲンの分泌の減少を補充して埋め合わせすることで、更年期というホルモンバランスが崩れていく時期の心身を整えていきます。

漢方療養

更年期症状のあらわれ方の強さには、それぞれの方の体質の違い、考え方の違い、現在おかれている環境のストレス度の違い、などが関わっていると考えられています。

漢方療法は、とくに手足の冷えやめまい、動悸がみられる場合に有効だといわれています。

低用量ピル療法

ピルとは、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを合成したものです。避妊や子宮内膜症の治療に用いられていますが、更年期障害の治療にも使用されます。

低用量とはいいますが、昔のピルよりは低用量という意味であり、HRTよりも高用量(ホルモン量が多い)なので注意が必要です。

先生からのアドバイス