更年期も元気にすごそう

更年期も元気にすごそう 監修:国際医療福祉大学教授 山王メディカルセンター 女性医療センター長 太田 博明先生 「更年期なんかに負けてられない」メノポーズ女性の心とからだを応援します。

こんな症状もしかして・・・

更年期になれば、誰にでも女性ホルモンの急激な減少がみられます。しかし、更年期症状のあらわれ方は個人差が大きく、症状が比較的軽い方もいれば、日常生活に支障をきたすほど強くあらわれる方もいます。

つらい症状も、からだが女性ホルモン(エストロゲン)不足に慣れてくれば次第におさまっていきます。

更年期の不調は全身に現れます。

精神神経系の 症状には 頭痛、めまい、耳鳴り、もの忘れ、憂うつ感、判断力・集中力の低下 、不眠、不安感など 血管運動神経系の症状には、のぼせ、ほてり、冷え、動悸、息切れ、手足の冷え 皮膚・分泌系の症状には、皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス、唾液分泌の異常、ドライアイ消化器系の症状には、食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨満感 運動器官系の症状には、肩こり、腰痛、関節痛、背筋痛 泌尿器・生殖器系の症状には、月経異常、頻尿、残尿感、性器下垂感、外陰掻痒症 などが上げられます。

あなたにも、こんな症状ありませんか。
先生からのアドバイス
症状の出方にはどうしてこんなに差が見られるのでしょうか。それぞれの方の体質の違い、考え方の違い、現在おかれている環境のストレス度の違い、などにこの鍵がありそうです。