ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. 心不全を知って、予防・治療しよう
  4. 心不全の診断・評価法とは?

心不全を知って、予防・治療しよう心不全の診断・評価法とは?

心エコー

BNP濃度測定

心臓MRI

心不全の診断

心不全の重症度を評価するためには、悪くなった心臓が全身に及ぼす影響度を評価することと同時に、心臓そのものの機能・構造の異常を評価することが大切です。

構造機能異常の評価はほとんど心エコーで可能ですが、より精密に評価するためにBNP濃度測定や心臓MRIを行うことがあります。
また、心臓・肺や筋肉の働きを調べるために、その人がどれくらいまでの運動に耐えられるかの限界を指す運動耐容能を自覚症状や6分間歩行、CPX(心肺運動負荷試験)から評価します。

心不全の重症度の評価

心不全の重症度はNHYA分類(自覚症状の程度による評価)やACC/AHA分類(心不全を癌と同様にステージ分類した評価)で評価されます。

心エコー

心不全の原因診断や重症度診断に最も有用な検査です。心エコーで得られる情報*は多岐にわたります。

  • 左室機能・サイズ、右室機能・サイズ、左房容積、収縮能・拡張能、心膜疾患・心嚢液の有無、弁逆流・弁狭窄、推定右房圧、推定肺動脈収縮期圧、推定左房圧、非同期

BNP濃度測定

BNPとは、心臓を守るために心室から分泌されるホルモンで、1988年に日本で発見されました。
心臓の機能が低下して心臓への負担が大きいほど多く分泌され、数値が高くなります。
BNPの正常値は18.4pg/ml以下です。おおよそ、40pg/ml以下であれば、直ちに治療が必要となる心不全の可能性は低いと判断されます。
BNP値が約100pg/ml以上に上昇すると治療が必要になることがあります。
NT-proBNP測定も同じ目的で使用されますが、BNP値よりもNT-proBNP値の方が4~5倍高い値を示しますので、検査値を確認する際にはどちらの検査であるかを注意しましょう。

BNP,NT-proBNP値の心不全診断へのカットオフ値
引用:日本心不全学会

NYHA分類とは

運動耐容能を示す指標として、NYHA分類〈New York HeartAssociation functional classification〉による心機能分類が広く用いられています。
これは、色んな身体活動により生じる自覚症状に基づいて判定されます。
NYHA分類は「可逆性」、すなわち治療をすることで、NYHA分類は前後します。

ACC/AHAステージ分類とNYHA心機能分類との対比

NYHA心機能分類とはニューヨークの心臓協会(New York Heart Association)が作成し、身体活動による自覚症状の程度により心疾患の重症度を分類したもので、心不全における重症度分類として広く用いられている。Ⅱ度はさらにⅡs度:身体活動に軽度制限のある場合、Ⅱm度:身体活動に中等度制限のある場合に分類される。
引用:日本循環器学会.急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)
Yancy CW,et al.2013より改変

ACC/AHAステージ分類

2001年にACC/AHA(American Heart Association / American College of Cardiology)の心不全に関するガイドラインから登場したステージ分類です。
ACC/AHA分類は通常「不可逆的」と言われており、ステージが進行すれば決してもとに戻ることはありません。
ステージが進行すればするほど、心不全はより重症になります。

ACC/AHAステージ分類とNYHA心機能分類との対比

NYHA心機能分類とはニューヨークの心臓協会(New York Heart Association)が作成し、身体活動による自覚症状の程度により心疾患の重症度を分類したもので、心不全における重症度分類として広く用いられている。Ⅱ度はさらにⅡs度:身体活動に軽度制限のある場合、Ⅱm度:身体活動に中等度制限のある場合に分類される。
引用:日本循環器学会.急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)
Yancy CW,et al.2013より改変