PAD:手足の変化に気をつけて。

PAD:手足の変化に気をつけて。
「PAD」をご存知ですか?末梢動脈疾患は、最近増加している「PAD」を皆様に知っていただき、患者さんに1日も早く元気になっていただくためのサイトです。
総合監修:医療法人財団順和会 山王メディカルセンター
血管外科統括部長/国際医療福祉大学教授
 重松 宏


循環器科に通院中の方へ
「PAD」の症状と診断、治療法、および循環器科で扱うよく似た別の病気についてわかりやすく解説いたします。
PADの基礎知識
末梢動脈疾患とは、どんな病気ですか?
足の血管に動脈硬化が起こり、血管が細くなったり、詰まったりして、足に十分な血液が流れなくなることで発症する病気です。これにより、歩行時に足がしびれる、痛い、冷たいなどの症状が現れます。
病気が進行すると、歩けなくなったり、じっとしていても足が痛むようになったりします。
また、動脈硬化は全身的に進行しますので、足の動脈硬化は、心臓や脳の動脈硬化にもつながり、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こすこともあります。

ロングフライト症候群との違い
ロングフライト症候群は、正式名を深部静脈血栓症といい、長時間同じ体勢でいることで、足の静脈に血液の塊ができ、こ れが原因となって発症します。血液の塊が流れて肺に詰まると1時間以内に死亡することもある急性の病気です。
これに対し、末梢動脈疾患は、足の動脈に発症し、徐々に進行していきます。

  末梢動脈疾患 ロングフライト症候群
発症部位 動脈 静脈
進行の仕方 徐々に進行 急激
動脈の病気は男性に多い / 静脈の病気は女性に多い

末梢動脈疾患になると、どのような症状が現れますか?
末梢動脈疾患の症状は、重症度によって次の4段階に分かれます。

I 度 足がしびれる
足が冷たい
II 度 少し歩くと足が痛くなって歩けなくなるが、
しばらく休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)
III 度 じっとしていても
足が痛む
IV 度 潰瘍・壊死

末梢動脈疾患の原因はなんでしょうか?
末梢動脈疾患の主な原因は、喫煙、糖尿病、高血圧、高脂血症、ストレス、肥満などです。これらは動脈硬化の危険因子です。
これらの原因に心あたりのある方は、改善に努めましょう。
こんな方は要注意!:喫煙/肥満/糖尿病/高血圧/高脂血症