ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. GIについて学ぼう

GIについて学ぼう監修:大妻女子大学 家政学部食物学科栄養学研究室
家政学部長 青江 誠一郎 先生

GIとは食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。

GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。オーストラリアのシドニー大学ではグルコースを基準とした場合、GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。

GIは、特に1990年代に脚光をあびはじめ、1998年にFAO/WHOレポートが発表されました。さらに2003年にWHOから「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを、低GI食品が低減させる可能性がある」というレポートが出されるなどの背景から、その後もさまざまな研究が行われ、食品メーカーは食物繊維が多く、エネルギー密度が少ない、GIの低い食品を供給するために商品開発を行いました。
低GI食品は、現代人に急増しつつある肥満やメタボリックシンドロームの予防・改善の観点から、注目されているキーワードです。

血糖値の正常値は?

  • 空腹時血糖値 99mg/dL以下
    (日本人間ドック学会)
  • 食後2時間血糖値 7.8mmol/L(140mg/dL)
    (International Diabetes Federation)

血糖値を下げるには?

低GI食品の定義とは?

GI値が70以上の食品を高GI食品、56~69の間の食品を中GI食品、55以下の食品を低GI食品と定義しています(グルコース=100とした場合)。

GIについてもっと知る