ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. レストレスレッグス症候群

レストレスレッグス症候群総監修:東京医科大学睡眠学講座 教授 
睡眠総合ケアクリニック代々木 理事長 
井上 雄一 先生

レストレスレッグス症候群では、脚に様々な症状があります。

脚がむずむずする、脚を動かしたくて我慢できなくなる、ほてる、かきむしりたくなる・・・など脚の深部に何とも言えない不快な感じがありませんか?その症状が夕方から夜にかけてあらわれたり、強くなったりする方・・・もしかしたらレストレスレッグス症候群かもしれません。
レストレスレッグス症候群には治療法があるのをご存じですか?
ここでは、レストレスレッグス症候群について、病気の解説や治療法をご紹介しています。
もし、あなたの症状がレストレスレッグス症候群と疑われる場合には、神経内科や睡眠外来など専門の医師にご相談してはいかがでしょうか?

レストレスレッグス症候群についてもっと知る

レストレスレッグス症候群に関するよくある質問(Q&A)

2017年12月 NW1706143