PAD:手足の変化に気をつけて。

PAD:手足の変化に気をつけて。
「PAD」をご存知ですか?末梢動脈疾患は、最近増加している「PAD」を皆様に知っていただき、患者さんに1日も早く元気になっていただくためのサイトです。
総合監修:医療法人財団順和会 山王メディカルセンター
血管外科統括部長/国際医療福祉大学教授
 重松 宏


循環器科に通院中の方へ
「PAD」の症状と診断、治療法、および循環器科で扱うよく似た別の病気についてわかりやすく解説いたします。
診断方法/治療方法
PADはどのように診断されますか?
病院では簡単な問診の後、触診による検査が行われます。足に触ることで、足の体温や脈の触れ方などを確認する検査です。
触診

PADを治療しないとどうなりますか?
つぎにABPI測定という足の血圧と腕の血圧を測り、比較する検査が行われます。足の血流が悪くなると、足の血圧が、腕の血圧より極端に低くなります。
精密検査
以上の検査で末梢動脈疾患が疑わしい場合、さらに超音波検査や血管造影などの精密検査が行われ、そののちに診断されます。

PADはどのように診断されますか?
まず、バランスの取れた食事や適度な運動を心がけ、禁煙に努めることで、喫煙、高血圧、高脂血症、糖尿病、ストレス、肥満などの動脈硬化の危険因子をコントロールしていきます。
それで改善されない場合は、動脈硬化を予防する薬である抗血小板薬などを使った薬物治療が行われます。
薬を使った治療

東京大学第一外科・血管外科における慢性末梢動脈疾患 患者数の推移
バルーン(経皮経管的血管形成術)
動脈硬化が進行している場合は、バイパスを作る手術や、狭くなっている血管をバルーン(風船)をつかって広げるカテーテル治療などの外科的治療が行われます。

PADはどのように診断されますか?
細い管(カテーテル)を血管の中に通し、狭くなっている血管まで送り込みます。目的の位置に到達したら、バルーン(風船)を膨らませて、血管を広げます。血管が広がったら、ステントと呼ばれる金属製の網状の管を入れて固定し、再び血管が詰まるのを防ぎます。これがカテーテル治療です。
所要時間は30分程度で、傷口も小さくてすみ、患者さんの負担も少ないので、カテーテル治療は現在、外科的治療の主流になっています。
カテーテル治療の方法:バルーンで血管の狭くなっている部分を広げ、その後ステントをバルーンに乗せたカテーテルを挿入します。/バルーンを膨らませてステントを広げます。/バルーンをしぼませてカテーテルを抜き、ステントを血管内に固定します。