PAD:手足の変化に気をつけて。

PAD:手足の変化に気をつけて。
「PAD」をご存知ですか?末梢動脈疾患は、最近増加している「PAD」を皆様に知っていただき、患者さんに1日も早く元気になっていただくためのサイトです。
総合監修:医療法人財団順和会 山王メディカルセンター
血管外科統括部長/国際医療福祉大学教授
 重松 宏


血管外科に通院中の方へ
「PAD」の症状と診断、治療および予防について、コンパクトにわかりやすくまとめました。
PADの基礎知識
末梢動脈疾患(PAD)とは、どのような病気ですか?
末梢動脈疾患(PAD)とは、足の血管に動脈硬化が起こり、血管が狭くなったり、詰まったりして血流が悪くなる病気です。足の血流が悪くなると、足がしびれたり、痛んだり、歩きにくくなったりします。さらにPADが悪化すると、足に潰瘍ができたり、壊死したりすることもあり、ひどい場合は足を手術しなければならなくなることもあります。
また、PADの患者さんでは、同じ動脈硬化を原因とする病気である狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを合併することが多いので、注意が必要です。
動脈硬化

PADをはじめとする動脈硬化性の疾患は増えています。
食生活や生活様式の欧米化や高齢化社会の進展に伴い、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など、動脈硬化を原因とする疾患が増えていると言われます。足の動脈硬化であるPADも例外ではなく、患者数は年々増加しています。
PADは決して稀な病気ではないのです。
東京大学第一外科・血管外科における慢性末梢動脈疾患 患者数の推移

PADになるとどのような症状が現れますか?
PADの症状は、重症度によって次の4つの段階に分かれます。

I 度 足が冷たい、
足がしびれる、
足の皮膚が青白い
II 度 少し歩くと足が痛くなり、
歩けなくなるが、
しばらく休むとまた
歩けるようになる(間欠性跛行)
III 度 じっとしていても
足が痛む
IV 度 足の皮膚がただれたり(潰瘍)
壊死したりする