PAD:手足の変化に気をつけて。

PAD:手足の変化に気をつけて。
「PAD」をご存知ですか?末梢動脈疾患は、最近増加している「PAD」を皆様に知っていただき、患者さんに1日も早く元気になっていただくためのサイトです。
総合監修:医療法人財団順和会 山王メディカルセンター
血管外科統括部長/国際医療福祉大学教授
 重松 宏


血管外科に通院中の方へ
「PAD」の症状と診断、治療および予防について、コンパクトにわかりやすくまとめました。
診断方法/治療方法/予防方法
PADはどのように診断されますか?
病院では、問診、触診などの簡単な検査や血管造影などの精密検査が行われたのち、診断されます。
触診

PADを治療しないとどうなりますか?
PADの治療は、まず、動脈硬化の原因となりやすい病気である高血圧や糖尿病、高脂血症などがある場合は、その治療を徹底します。
それとともに病気の進行度や患者さんの状態にあわせて、抗血小板薬や血管拡張剤などの薬を使った治療のほか、人工血管や自分の静脈を用いてバイパスを作る手術や狭くなっている血管をバルーン(風船)をつかって広げる治療などが行われます。
薬を使った治療

バルーン(経皮経管的血管形成術)
間欠性跛行のある患者さんの場合は、少し歩いたのち、足が痛くなる前に歩くのをやめ、しばらく休んでからまた歩くという運動療法も効果的です。
バイパス術(迂回路形成術)

PADを予防するにはどうしたらよいですか?
PADの患者さんは、高血圧や糖尿病、高脂血症などにかかっていて、喫煙歴のある高齢の人に多いといわれます。
ですから、PADを予防するには、高血圧・糖尿病・高脂血症を予防または治療すること、禁煙を心がけることなどが大切です。
また、足の血行を良くするという意味から、ウォーキングなどの適度な運動を習慣づけるのも良いでしょう。
ウォーキング
禁煙