PAD:手足の変化に気をつけて。

PAD:手足の変化に気をつけて。
「PAD」をご存知ですか?末梢動脈疾患は、最近増加している「PAD」を皆様に知っていただき、患者さんに1日も早く元気になっていただくためのサイトです。
総合監修:医療法人財団順和会 山王メディカルセンター
血管外科統括部長/国際医療福祉大学教授
 重松 宏


整形外科に通院中の方へ
「PAD」には、似た症状をもつ別の病気もあります。ここでは、PADと「腰部脊柱管狭窄」との違い、および治療法を中心にご説明いたします。
PAD(末梢動脈疾患)について
末梢動脈疾患(PAD)とは、足の血流が悪くなる病気です。
動脈の壁にコレストロールがたまって、血管の壁が厚くなることを動脈硬化といいますが、末梢動脈疾患(PAD)とは、足の血管に動脈硬化が起こり、血管が狭くなったり、詰まったりして、血液の流れが悪くなる病気です。足の血流が悪くなると、足がしびれたり、痛んだり、歩きにくくなったりします。悪化すると、足の皮膚がただれたり、壊死したりすることもあります。

PADは心筋梗塞や脳梗塞を高率に合併します。
PADの原因は足の血管の動脈硬化ですので、PADの患者さんは、同じ動脈硬化を原因とする狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの命にかかわる病気を合併することがあります。
PADを重症化させず、また、怖い合併症を防ぐためには、早期発見・早期治療が重要です。

間欠跛行はPADの比較的初期の症状です。重症化しないうちに受診を。
末梢動脈疾患の症状は、重症度によって次の4段階に分かれます。

I 度 無症状
足がしびれる
足が冷たく感じる
II 度 少し歩くと足が痛くなり、
歩けなくなるが、しばらく休むと
また歩けるようになる
III 度 じっとしていても
足が痛む
IV 度 足の皮膚がただれたり、
壊死したりする

足の生活習慣病である、PADを予防しよう。
PADの危険因子は、動脈硬化の原因となりやすい、喫煙、糖尿病、高血圧、高脂血症などです。ですから、PADを予防するには、これらの病気を予防または治療すること、禁煙を心がけることなどが大切です。
また、PADを重症化させないためにも危険因子はなるべく避けるようにしましょう。