ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2007年
  5. 大塚製薬 徳島板野工場 平成18年度省エネルギー月間四国地区表彰式「四国地方電力活用協議会会長賞」2月14日受賞

2007年2月16日

大塚製薬株式会社
〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9

大塚製薬 徳島板野工場
平成18年度省エネルギー月間四国地区表彰式
「四国地方電力活用協議会会長賞」
2月14日受賞

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:樋口達夫、TEL:03-3292-0021)徳島板野工場は、2007年2月14日に高松市内のホテルニューフロンティアで開催された、平成18年度「省エネルギー月間四国地区表彰式」において電力活用優良工場として「四国地方電力活用協議会会長賞」を受賞しました。

「省エネルギー月間四国地区表彰式」は、四国経済産業局、省エネルギーセンター四国支部、四国地方電力活用協議会が共催しています。省エネルギーの一層の推進を目的とし、2月の「省エネルギー月間」行事の一環として、エネルギー管理に功績のあった個人、並びに他の模範となる工場・事業場等を表彰します。

大塚製薬 徳島板野工場は徳島県と香川県にまたがる緑豊かな阿讃山脈の裾野に立地する医薬品製造工場です。1999年の操業開始以来、自然環境との共生を工場の最重要課題に位置づけ、省エネルギー活動を始めとする環境保全活動に積極的に取り組んでいます。
製造エリア細分化による空調機器の選別運転や細かな温湿度調整、設備のインバーター化、非製造時のベース機器運転適正化、製造工程改善による時間短縮、省エネルギー改善提案活動の実施などの省エネルギー活動に日々取り組み、製造電力量を原単位で毎年1%以上削減する目標を達成しています。この度の受賞はこれらの継続した活動が評価されたものです。

大塚製薬は、徳島板野工場をはじめとして生産拠点である全6工場において、ISO14001を認証取得し環境保全活動を推進しています。今後も省エネルギー活動の充実に努めるとともに、地域における省エネルギー活動などを通して地域社会の皆様とのより親密で友好な関係を構築してまいります。

大塚製薬は、'Otsuka - people creating new products for better health worldwide'の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

企業情報関連の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ