ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2009年
  5. 徳島ワジキ工場「平成21年度 ...

大塚製薬株式会社

2009年10月16日

企業

徳島ワジキ工場
「平成21年度 循環型社会形成推進功労者等 環境大臣表彰」受賞

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎)の徳島ワジキ工場は、「平成21年度 循環型社会形成推進功労者等 環境大臣表彰」の3R活動優良企業として、10月16日にホテルグリーンタワー千葉で行われた3R推進全国大会式典において表彰されました。

同表彰は廃棄物の発生量の抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)の適切な推進に顕著な功績があった個人、企業、団体を表彰するものです。循環型社会の形成の推進に資することを目的として平成18年度に環境省によって設立され、今年は38組が表彰されました。

環境大臣政務官大谷信盛氏より賞状を授与される山口工場長

大塚製薬徳島ワジキ工場は徳島県南部に位置し、那賀川の清流のせせらぎが聞こえる緑豊かな丘陵地に立地しています。地域に開かれたファクトリーパーク(公園工場)をコンセプトとし、操業以来、環境保全活動や地域との融合に積極的に取り組んできました。廃棄物のリユース、リサイクルを推進してのゼロエミッション1)達成や、那賀川河川敷のリバーアドプト2)への参加、地域の産官学民が協力して環境保全を行う協議会にも参画し活動しています。また、平成18年度には徳島県3Rモデル事業所に認定され、さらに循環型社会形成への取り組みを強化してきました。この度の表彰はこれら一連の活動が評価されたものです。

受賞に際し、徳島ワジキ工場長 山口貴司は「社員が一丸となり、また地域と一体となって行ってきた活動に対するこの度の受賞を励みに、これからも高い意識で循環型社会形成に努めてまいります。」とコメントしています。

  • 注1)ゼロエミッション(zero emission):廃棄物排出ゼロのシステムを構築、または構築するよう目指すこと
  • 注2)リバーアドプト:河川の一定区間を参加団体で引き受け、美化清掃などを行う活動

大塚製薬は‘Otsuka-people creating new products for better health worldwide’の企業理念のもと世界の人々の健康に寄与してまいります。

循環型社会形成推進功労者等 環境大臣表彰について

環境省が平成18年度より循環型社会形成の推進に資することを目的に設けた制度で、3Rの適切な推進に顕著な功績があった個人、企業、団体を表彰する。申請は都道府県、環境省地方環境事務所、3R活動推進フォーラムから行われ、環境省が審査・決定している。

徳島県認定3Rモデル事業所について

徳島県では廃棄物を新たな資源として捉え、廃棄物を利用して県内の工場等で製造された優良なリサイクル製品を「認定リサイクル製品」、3Rに積極的に取り組み著しい成果をあげている県内の事業所を「3Rモデル事業所」とする「徳島県リサイクル認定制度」を設けている。

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。