ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2013年
  5. 「人と環境にやさしい工場」を目指す大塚製薬徳島板野工場 第5回記念大会『あさんウォーキングフェスタinいたの』11月10日共催

2013年11月5日

大塚製薬株式会社

「人と環境にやさしい工場」を目指す大塚製薬徳島板野工場
第5回記念大会『あさんウォーキングフェスタinいたの』11月10日共催

  • 「環境と健康を考える」をテーマに、徳島県板野町の素晴らしい自然を県内外に伝えるウォーキング大会を地域一体で共催し、今年で5年。 2,000人超の参加者が集まる、徳島県内でも有数の大会に成長
  • 今年もチャリティウォーキングとして、参加費の一部を東日本大震災の義援金に

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎)の徳島板野工場は、「環境と健康を考える」をテーマに、5周年記念大会となるウォーキング大会「あさんウォーキングフェスタinいたの」を11月10日(日)に板野町などと共催します。地元徳島の素晴らしい自然の中でのイベントは、年々充実度と認知度を増し、応募者数は初回の約3倍に、また参加者数も2,000人を越える県内でも有数の規模の大会に成長しました。

大会では、マラソンで様々な挑戦をされてきたタレントの間寛平さんを特別ゲストに迎え、ウォーキングイベントやトークショーを実施します。また、ロンドンオリンピック女子20km競歩で日本歴代最高の11位に入賞した渕瀬真寿美選手(大塚製薬陸上競技部)も迎え、10km、4kmの道のりを参加者と共に楽しみます。なお、今年も、ウォーキング参加料の一部は、東日本大震災の義援金に充てられます。

今大会のウォーキングコースは、阿讚山脈のふもとに位置するあすたむらんど徳島を発着点に、当社徳島板野工場や、板野町歴史文化公園、キビガ谷池などを経由する自然と徳島の町並みを臨む10kmと4kmコースの2種類です。
当社では、大会中に、参加者にイオン飲料「ポカリスエット イオンウォーター」を提供するほか、徳島板野工場内のSoylution工場(ソイジョイ、ソイカラを生産)の見学を通じて、参加者に健康や環境の大切さについて体感いただきます。

徳島板野工場は、工場敷地の67%を緑地が占めており、工場設立以来、「人と環境にやさしい工場、地域に開かれた工場」をテーマに工場内や周辺地域の環境保全に努めています。ゴミゼロエミッションの達成や、工場冷却水を利用したビオトープの池の設置などにも取り組んでいます。

当工場では、自然と触れ合うウォーキング大会を、より多くの方々に環境保全に関心をもっていただく一つの機会にしたいと考えています。

「あさんウォーキングフェスタinいたの」概要

http://asan-walking.com/

徳島板野工場の概要

参考:徳島板野工場 過去の主な受賞履歴

【循環型社会形成推進功労賞等環境大臣表彰】(2011年)

平成18年度に環境省により、廃棄物の発生量の抑制、再使用、再生利用の適切な推進に顕著な功績があった個人、企業、団体を表彰し、その功績をたたえて、循環型社会の形成の推進に資することを目的として設けられたもの。

【緑化優良工場等四国経済産業局長表彰】(2010年)

四国経済産業局が、工場立地法の精神を踏まえ、四国地域における工場緑化を積極的に推進し、工場内外の環境向上に顕著な功績のあった工場、個人または団体を表彰することにより、工場緑化の一層の推進を図り、もって国民経済の健全な発展に資することを目的に、昭和61年度に創設された表彰制度。

【生物多様性保全につながる企業のみどり100選】(2010年)

財団法人都市緑化基金が、「生物多様性保全」につながる企業(株式会社、有限会社、財団・社団法人等の事業者等)を対象に募集。企業が取り組む身近なみどりの保全・創出・活用の優良な事例を"SEGES(シージェス:社会・環境貢献緑地評価システム)生物多様性特別認定"として公表し、地球環境を視野に入れた(Think Globally)、足元から取り組む生物多様性保全活動(Act Locally)を推進することを目的としている。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

企業情報関連の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ