ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2021年
  5. インターハイ2021での熱中症対策 新しい生活様式に対応夏季スポーツ大会の安全な運営と選手・関係者の健康をサポート

2021年7月21日

大塚製薬株式会社

ニュートラシューティカルズ関連事業

インターハイ2021での熱中症対策 新しい生活様式に対応
夏季スポーツ大会の安全な運営と選手・関係者の健康をサポート

大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:井上 眞、以下「大塚製薬」)は、8年連続で特別協賛している全国高等学校総合体育大会(以下「インターハイ」)において、2021年は新しい生活様式に対応した取り組みを通じ、選手・関係者の健康と安全な大会運営に向けた熱中症対策を行います。

20210721_1_02.jpg
参加選手に提供するポカリスエット粉末(1L用×5袋)と大会ロゴ入りスクイズボトル
20210721_1_03.jpg
実行委員会の「熱中症対策アドバイザー」の取得を支援

① 参加選手全員に「ポカリスエット粉末(1L用×5袋)」と「大会ロゴ入りオリジナルスクイズボトル」を提供

選手間や選手・高校生スタッフ間の接触機会の減少、回し飲みの回避、3密の回避のため、従来の飲料配布ブース(高校生スタッフがコップに注いで提供)は設置せず、選手個人のスクイズボトルによる飲用を促進

② 各会場の救護所に「ポカリスエット アイススラリー」を設置

効率的なプレクーリング用のアイテムとして、凍らせた「ポカリスエット アイススラリー」を救護所の冷凍庫やクーラーボックスで保管し提供

③ 実行委員会の担当者を対象に「熱中症対策アドバイザー*」資格の取得を支援

会場運営担当者に熱中症対策について事前に学ぶ機会を提供し、「熱中症対策アドバイザー」資格の取得を支援。基礎知識や対処方法を学んだ有資格者が中心となり、各会場の環境に応じて熱中症対策を推進



当社は2014年から8年連続でインターハイを特別協賛社として支援しています。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため本大会が中止になりましたが、都道府県で開催された高校総体代替大会において製品とともに、運動時の体調管理についての情報提供を行いました。北信越ブロックで開催される本年は新しい生活様式に対応した十分な感染対策を施した上での大会運営が求められることから、全国高等学校体育連盟や開催県の実行委員会と連携し、選手・関係者の健康と安全に配慮し、万全の体制で熱中症対策をサポートします。

全国高等学校体育連盟の奈良 隆専務理事からは「夏季大会における選手の熱中症対策は大会としても非常に重要であり、大塚製薬による例年のサポートに対して大変感謝しております。今年は新型コロナウイルス感染症対策もしっかりと行う必要があります。選手が全力を出し切れるよう、引き続きご支援よろしくお願いします」とコメントをいただきました。

大塚製薬は、今後もOtsuka-people creating new products for better health worldwide の企業理念のもと、人々の健康維持・増進に貢献してまいります。

■インターハイ2021(輝け君の汗と涙 北信越総体2021)



主催:全国高等学校体育連盟 等20210721_1_04.jpg
期間:2021年7月24日(土)~8月24日(火)
場所:北信越(福井県・新潟県・富山県・石川県・長野県)、和歌山県
競技数:30競技 (総合開会式は福井県で実施)
陸上競技、体操、水泳、バスケットボール、バレーボール、卓球、ソフトテニス、ハンドボール、サッカー、バドミントン、ソフトボール、相撲、柔道、ボート、剣道、レスリング、弓道、テニス、登山、自転車競技、ボクシング、ホッケー、ウエイトリフティング、ヨット、フェンシング、空手道、アーチェリー、なぎなた、カヌー、少林寺拳法
参加人数:36,283人(選手、監督等) [南部九州総体2019 実績]

■インターハイ2021に関するその他の取り組み

20210721_1_05.jpg
20210721_1_06.jpg

・高校生が企画・制作した熱中症対策の音源を活用し、会場内アナウンスで注意喚起

・「インハイ.tv」に協賛。全30競技を1回戦からWEBサイトでライブ中継

・「できっこないを、やる夏だ。」インターハイ応援プロジェクト
福井商業高校チアリーダー部「JETS」と「サンボマスター」がコラボした応援動画を配信
(配信期間:2021年10月8日まで)


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

ニュートラシューティカルズ関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ