BCAAで運動パフォーマンスを維持させる!

BCAAで運動パフォーマンスを維持させる! BCAAが運動パフォーマンスに及ぼす影響とは?BCAAの運動能力に対する効果について研究しました。

BCAAとは?

BCAAとは、筋肉で主に代謝されエネルギー源となる必須アミノ酸、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。この3つのアミノ酸は、枝わかれするような分子構造をしているため、BCAA;Branched Chain Amino Acid(分岐鎖アミノ酸)とよばれています。

近年では、筋タンパク質中に非常に多く含まれていることから、筋にとって非常に重要なアミノ酸であると、注目を集めています。

右表は、運動時のBCAA補給効果として期待されている主な効果です。

BCAAをgoogleで詳しく調べる

Google

運動時のBCAA摂取に期待される効果

筋肉への効果は、タンパク質合成促進、筋タンパク質分解抑制、筋損傷軽減です。持久運動能力への効果は、グリコーゲン節約、乳酸産生抑制です。中枢への効果は、中枢性疲労予防です。

BCAAが運動パフォーマンスを維持させる!

BCAAを含むアミノ酸は体タンパク質の構成要素だけでなく、個々に独自の生理作用を有していることが最近の研究でわかってきました。このため、運動時のサプリメントとしてもアミノ酸の需要は高まっていましたが、アミノ酸の摂取により、運動能力が向上したという報告はほとんどありません(2005年当時)。そこで、大塚製薬(株)佐賀栄養製品研究所を中心とし、BCAAが運動能力に及ぼす影響について研究を行い、長距離運動時や激しい運動時に効果があることを証明しました。

このページでは、BCAAの研究内容を紹介いたします。

主な研究結果

BCAAはどのくらい摂取すればいいの?BCAAの効果を確実に得るために必要なBCAAの摂取量は2000mg!実験の詳細 BCAAに効果を発揮させる摂取量
BCAAは筋肉痛や筋肉の疲労に効果があるの?BCAAを摂取すると、激しい運動によって引き起こされる筋損傷・筋痛、疲労感に効果があります!実験の詳細 BCAAによる筋損傷、筋疲労と筋痛の軽減
BCAAと持久力の関係性は?継続的にBCAAを摂取することで、持久運動能力が維持されました!実験の詳細 BCAAによる運動パフォーマンスの維持