ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2007年
  5. 大塚製薬の台湾関連会社 金車大塚 FRUITS SOY BAR 「SOYJOY(ソイジョイ)」台湾にて4月より販売開始

2007年5月2日

大塚製薬株式会社
〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9

ニュートラシューティカルズ関連事業

大塚製薬の台湾関連会社 金車大塚
FRUITS SOY BAR 「SOYJOY(ソイジョイ)」
台湾にて4月より販売開始

大塚製薬株式会社の台湾の関連会社である金車大塚股份有限公司(以下、金車大塚)は、バータイプの大豆栄養食品「SOYJOY」を、4月より台湾エリアにて販売を開始しました。

「SOYJOY」は、小麦粉を使用せず、大豆をまるごと*粉にして使用した生地に、たっぷりのフルーツを加えて焼き上げた新しいタイプの栄養食品です。日本では、大豆のもつ「健康感」やフルーツの「おいしさ」、いつでもどこでも携帯できる便利性など、新しい大豆の摂り方や食文化の提案を行い、ビジネスパーソンや忙しい毎日を過ごす方、健康に気をつかう方を中心に、多くのシーンで活用していただいています。

  • * 脱皮大豆を使用

台湾エリアで「SOYJOY」を販売する金車大塚は、1996年に台湾国内大手飲料会社金車股份有限公司と当社が合弁で立ち上げた食品・飲料販売メーカーです。
「SOYJOY」は、台湾においても日本と同様に「SOYJOY」と表記され、パッケージデザインも日本の商品とほぼ同じで、"レーズンアーモンド""カカオオレンジ""アプリコット""サンザシ"の4アイテムを発売します。販売は台湾全土で行い、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどを中心に全てのチャンネルで展開していく予定です。
台湾においては、大豆加工食品の種類は日本よりも多く存在し、伝統飲料としての豆漿(豆乳)は、朝食の定番となっています。金車大塚は、手軽に持ち運べる「SOYJOY」を通して、新たな大豆の食べ方の提案をして参ります。

大塚製薬では文化も歴史も異なる、日本・アメリカ・中国の3つの国を一つの枠組みとしてとらえ、ニュートラシューティカルズ事業の新しいビジネスモデルを構築するプロジェクトをスタートしました。ユニークな発想とグローバルな視野で、「健康」という世界共通の願いに応える新ブランドを、大胆かつスピーディーに確立していきたいと考えています。今回の「SOYJOY」の販売は、日米中プロジェクト構想の一つとして位置づけています。

大塚製薬は、'Otsuka - people creating new products for better health worldwide'の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

ニュートラシューティカルズ関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ