ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2007年
  5. 大塚製薬 企業理念を表徴したコーポレートシンボル 6月26日より導入

2007年6月26日

大塚製薬株式会社

大塚製薬
企業理念を表徴したコーポレートシンボル
6月26日より導入

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:樋口達夫)は、事業のグローバリゼーションの進展に伴い、世界の人々とのコミュニケーションを深めることを目的にコーポレートシンボルを制定し、6月26日より順次導入してまいります。

【コーポレートシンボル】

コーポレートシンボルは大塚製薬の企業理念をシンボリックに表したもので、大塚製薬の「O」をモチーフにしています。「大きなO」は人々の頭上に広がる青空のイメージです。『開放感』、『自由』、『知性』、『未来』を表すOtsuka BLUEのグラデーションで深みと広がりを持たせています。Otsuka REDの「小さなO」はその根源となる大塚製薬のエネルギーです。大きさの異なる二つの形がバランスを保ち、ソフトで親しみのあるOtsukaの文字との組み合わせで「人間の健康で幸せな空間と、それを支える大塚製薬のエネルギッシュな活動」を表現しています。

代表取締役社長 樋口達夫は、「大塚製薬は創業以来、世界の人々の健康に貢献することを企業理念とし、グローバルな視点で地域社会や自然環境との共生を図りながら、革新的な製品を提供し、事業を行って参りました。コーポレートシンボルの導入により、企業理念のさらなる実現に向けて邁進したいと考えています。」とコメントしています。

大塚製薬は、'Otsuka - people creating new products for better health worldwide'の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

企業情報関連の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ