ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2007年
  5. 多種類のポリフェノール類 一斉分析サービス 6月21日 開始

2007年6月21日

大塚製薬株式会社
〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9

医療関連事業

多種類のポリフェノール類 一斉分析サービス
6月21日 開始

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:樋口達夫)は食品・飲料・血漿中に含まれる多種類のポリフェノール類を一斉に分析するシステムを構築し、測定サービスを6月21日より開始いたします。

大塚製薬は、高速液体クロマトグラフィーで分離した多種類のポリフェノール類(アグリコン型として食品飲料中51種類*1・血漿中19種類)を電気化学的検出法で特異的かつ高感度に測定可能なマルチチャンネルクーロアレイ*2HPLC法を用い、一斉に分析するサービスを開始します。

ポリフェノール類の生体機能調節等が注目されており、機能性食品の研究・開発時、食品・飲料中のポリフェノール類のスクリーニングや、血中のポリフェノール類の濃度のモニタリングを行う場合などに有効な分析手段になると考えています。

従来、吸光度測定により総ポリフェノール類を分析するFolin-Denis法や高速液体クロマトグラフィーにより分離したポリフェノール類を分析するHPLC-UV法が一般的な分析手法として用いられています。

  • *1:一部有機酸含む。
  • *2:マルチチャンネルクーロアレイ:ポリフェノール類のフェノール基を電気化学的に検出する方法。フェノール基などの電気活性物質を対象としているため、検出の選択性があり高感度です。

マルチチャンネルクーロアレイHPLC法によるポリフェノール類測定の特徴

  1. マルチチャンネルクーロアレイHPLC法による高感度・高精度な検出が可能です。
  2. 多種類のポリフェノール類を同時に分析できます。 食品・飲料の場合には51種類*1、血漿の場合には19種類のポリフェノール類を一斉に定量できます。
  3. 分析に必要な試料必要量は、食品凍結乾燥物で1g、飲料で100mL、血漿で2mLです。

ポリフェノール類とは、緑色植物が光合成で作り出す色素や渋み・苦みなどの成分の総称です。ポリフェノールとして、赤ワインのアントシアニン、大豆のイソフラボン、お茶のカテキンなどが有名で、5大栄養素や食物繊維に次ぐ栄養素として注目されています。食品・飲料や体内の個々のポリフェノール類濃度を把握することにより、ポリフェノール類の生体機能調節作用などについて、より詳しい情報が得られるものと考えられます。

なお、機能性食品因子データベース(http://www.nihn.go.jp/FFF/)に本分析法による食品中ポリフェノール類測定データが収載されています。

大塚製薬は、'Otsuka - people creating new products for better health worldwide'の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。

分析項目概要

血漿中総ポリフェノール類

項目名 血漿中総ポリフェノール類19種(アグリコン型)
試料必要量 血漿2mL(血液約4mL)
分析項目 アピゲニン、クリシン、オルソクマリン酸、パラクマリン酸、ダイゼイン、エラグ酸、エリオディクチオール、フェルラ酸、フィセチン、ガランギン/ガランジン、ゲニステイン/ゲニスタイン、グリシテイン/グリシタイン、ヘスペレチン、ケンフェロール、ルテオリン、ミリセチン、ナリンゲニン、ケルセチン/クェルセチン、セサモール

食品中ポリフェノール類

項目名 食品中ポリフェノール類51種(アグリコン型)
試料必要量 飲料 100mL又は食品凍結乾燥物 1g
分析項目 メタアミノ安息香酸、オルソアミノ安息香酸/アントラニル酸、パラアミノ安息香酸/PABA、アピゲニン、コーヒー酸/カフェ酸、カテキン、カテキンガレート、クロロゲン酸、クリシン、オルソクマリン酸、パラクマリン酸、ダイゼイン、2,3-ジヒドロキシ安息香酸、エラグ酸、エピカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレート、エリオディクチオール、オイゲノール、フェルラ酸、フィセチン、ガランギン、ガランジン、没食子酸(もっしょくしさん/ぼっしょくしさん)、ガロカテキン、ガロカテキンガレート、ゲニステイン/ゲニスタイン、ゲンチジン酸、グリシテイン/グリシタイン、ヘスペレチン、パラヒドロキシ安息香酸、7-ヒドロキシクマリン/ウンベリフェロン、ケンフェロール、ルテオリン、ミリセチン、ナリンゲニン、プロトカテキュ酸/プロトカテク酸、ケルセチン/クェルセチン、アルファレゾルシン酸/3,5-ジヒドロキシ安息香酸、ベータレゾルシン酸/2,4-ジヒドロキシ安息香酸、ガンマレゾルシン酸/2,6-ジヒドロキシ安息香酸、サリチル酸、スコポレチン、セサモール、シリンガ酸、シリンガアルデヒド、テアフラビン-3,3'-ガレート、テアフラビン-3'-ガレート、テアフラビン-3-ガレート、バニリン酸、バニリン
項目名 食品中ポリフェノール類4種(配糖体型)
試料必要量 飲料 100mL又は食品凍結乾燥物 1g
分析項目 ダイジン、ヘスペレジン、ナリンギン、ルチン

分析内容・委託に関するお問い合わせ

大塚製薬株式会社 診断事業部管理部 分析センター
〒771-0195 徳島県徳島市川内町平石夷野224-18
TEL:088-665-8988


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

医療関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ