サステナビリティ

マテリアルバランス

マテリアルバランスとは、事業活動におけるエネルギー及び資源の投入量(インプット)と、その活動にともなって発生した製品および環境負荷物質(アウトプット)の全体像をあらわしたものです。大塚製薬では、事業活動全体を通じて発生する環境負荷を定量的に把握し、削減に取り組むとともに適正管理に努めています。

2020年 事業活動にともなう環境負荷の全体像
  • データ集計方法
    集計期間
    2020年1月-12月の実績データ

    水、事務用品および事業系一般廃棄物は生産・研究部門を対象範囲としています。
    NOx、SOx、ばいじん、COD、SSは測定義務が生じる設備のデータです。