ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2004年
  5. 「グレパフロキサシン」に関する係争解決

2004年6月3日

大塚製薬株式会社
〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9

「グレパフロキサシン」に関する係争解決

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:樋口達夫、TEL:03-3292-0021)とグラクソ・スミスクライン社(以下、GSK)は、1999年10月にグラクソ・ウェルカム社(当時)が市場から「グレパフロキサシン(一般名)」(商品名:ラクサー、ヴァクサー)を自主回収したことに関する長期にわたる係争を、GSKが大塚製薬に対し賠償金を支払うことで解決しました。「グレパフロキサシン」は、大塚が創薬・開発し、大塚からのライセンスの下、グラクソ・ウェルカム社(当時)が販売したキノロン系抗菌剤です。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

企業情報関連の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ