ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2011年
  5. 地域活性を願って、無料ライブコン...

大塚製薬株式会社

2011年8月15日

企業

地域活性を願って、無料ライブコンサート開催
人口1万人の山あい徳島ワジキ工場に2万5,000人が集結

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎)は、8月13日に、無料の野外ライブコンサート「Exciting Summer in WAJIKI ’11」を地元自治体などと共同で開催しました。人口約1万人の徳島県那賀町の山あい位置する徳島ワジキ工場には、この日、約2万5,000人が集まり、県内外からの若者や家族連れなどで賑わいました。

同イベントは、年に一度、徳島の風物詩である阿波踊りの時期に、那賀町、那賀町商工会、太龍寺ロープウェイと共に開催しているもので、今年で22回目を数えます。
当社は1989年、発祥の地である徳島に、地域の活性化と発展を願って、医薬品と「カロリーメイト」の製造を中心とする徳島ワジキ工場を竣工しました。そして翌1990年に、雄大な自然と山々に囲まれたこの地の良さを、広く県外の方々にも知っていただき、町を離れていく若者たちが、お盆で帰省した際に改めて地域に目を向ける機会になって欲しい、との想いを込めて同イベントをスタートしました。

また、若者に希望を与えると同時に、若手アーティストが本格的に売り出す活躍の場にもなってほしいと考え、毎年人選を重ねています。今年は、国民的に人気の『DREAMS COME TRUE』に加え、10代を中心に幅広い年代から注目を集める若手アーティストの『miwa』、『奥華子』、『さかいゆう』のほか、オープニングアクトとして『平井大』、『ひめキュンフルーツ缶』の多彩な顔ぶれを迎えました。

さらにイベント内では、バランス栄養食「カロリーメイト」の製造工程の見学や、環境に対する工場の取り組み紹介、製品にまつわるクイズなどを設け、普段立ち寄る機会の少ない徳島ワジキ工場を知る機会としていただくとともに、徳島県那賀町での夏の思い出づくりをお手伝いしました。
当社は、今後も同イベントを通して、地域の融合と人々のふれあいを大切にするとともに、自然環境に融和する工場を目指してまいります。

大塚製薬は‘Otsuka - people creating new products for better health worldwide’の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。

コンサート実施風景(写真はmiwaさんのステージです)

徳島ワジキ工場敷地内のコンサート会場

大塚製薬株式会社徳島ワジキ工場の概要

操業開始日 1989年9月27日
工場長 山口 貴司(やまぐち たかし)
所在地 〒771-5209 徳島県那賀郡那賀町小仁宇字大坪306番2号
従業員数 148名(2011年3月31日現在)
事業内容 栄養製品(カロリーメイトブロック、SOYJOY)
医薬品(注射剤)の製造
敷地面積 115,988 m2(内、コンサート会場14,000 m2
建築面積 6,764 m2
延床面積 17,568 m2

大塚製薬徳島ワジキ工場は、那賀川の清流のせせらぎが聞こえる緑豊かな丘陵地に立地し、地域に開かれたファクトリーパーク(公園工場)をコンセプトとしています。イベント会場となるオブジェが配された芝生の広場は、普段から自由に利用できる憩いの空間として近隣の方々に親しまれています。
また、地域の自然を保護するため、那賀町商工会青年部とともに那賀川の河川敷やキャンプ村を清掃するリバーアドプト活動、どんぐりの植林プロジェクトも積極的に参加し、自然環境と地域社会に融和する工場を目指しています。

  • リバーアドプト活動:河川の一定区間を参加団体で引き受け、美化清掃などを行う活動

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。