ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2015年
  5. オンコセラピー・サイエンス社との膵臓がんを対象とした契約及び 扶桑薬品工業とのOTS102製造販売に関するサブライセンス契約の終了のお知らせ

2015年1月8日

大塚製薬株式会社

医療関連事業

オンコセラピー・サイエンス社との膵臓がんを対象とした契約及び 扶桑薬品工業とのOTS102製造販売に関するサブライセンス契約の終了のお知らせ

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎)は、オンコセラピー・サイエンス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 森 正治)と締結していた膵臓がんを対象とした治療用ペプチドワクチンの独占的な開発・製造・販売に関するライセンス契約、ならびに扶桑薬品工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 戸田幹雄)と締結していたがん治療用ペプチドワクチン「OTS102」の日本における製造・販売に関するサブライセンス契約について、2015年1月8日から所定期間(180日)の経過をもって契約を終了する旨の通知を行いました。

大塚製薬は引き続き重点領域の一つとしてがん領域に取り組んでまいります。尚、オンコセラピー・サイエンス社と契約している大腸がんを対象とした第I相臨床試験を実施中のがん治療用ペプチドワクチン「OCV-C02」については引き続き開発を進めてまいります。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

医療関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ