ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2020年
  5. 国内初の造血器腫瘍遺伝子パネル検査「先駆け審査指定制度」対象品目指定について

2020年6月19日

大塚製薬株式会社

医療関連事業

国内初の造血器腫瘍遺伝子パネル検査
「先駆け審査指定制度」対象品目指定について

大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:井上眞)は、国立研究開発法人国立がん研究センター(所在地:東京都、理事長:中釜斉)および国内主要施設による共同研究コンソーシアムで開発中の造血器腫瘍を対象とするがん遺伝子パネル検査*について、厚生労働省から先駆け審査指定制度の対象品目に指定されたことをお知らせします。

本パネルは、日本で初めての造血器腫瘍を対象として先駆け指定されたがん遺伝子パネル検査です。すでに保険適用されている固形腫瘍を対象としたがん遺伝子パネル検査とは異なり、測定試料に末梢血、骨髄液、リンパ組織などから抽出されたDNAとRNAを用いて、日本血液学会の「造血器腫瘍ゲノム検査ガイドライン」に基づいた造血器腫瘍における臨床上有用な遺伝子異常を検出します。

これにより、急性骨髄性白血病や骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍などの骨髄性腫瘍から、急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫などのリンパ系腫瘍、さらに造血器腫瘍と関連する先天性骨髄不全症候群などほとんど全ての造血器腫瘍と関連疾患を対象に、「診断」、「治療法選択」、「予後予測」が可能となることが期待されます。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

医療関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ