ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2005年
  5. ドライパウダー吸入式気管支拡張剤「メプチンクリックヘラー10μg」9月2日 新発売

2005年8月11日

大塚製薬株式会社
〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9

医療関連事業

ドライパウダー吸入式気管支拡張剤
「メプチンクリックヘラー10μg」
9月2日 新発売

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:樋口達夫)は、気管支拡張剤「メプチン」に新しくドライパウダー式吸入剤「メプチンクリックヘラー10μg」(一般名:塩酸プロカテロール、以下、「メプチンクリックヘラー」)を剤型追加し、9月2日に発売します。

「メプチンクリックヘラー」は、気管支拡張剤「メプチン」を、イノヴァータ社より導入した吸入器「クリックヘラー」に充填したドライパウダー式気管支拡張剤です。

「メプチンクリックヘラー」は、エアゾール剤と異なり薬剤の吸入時に吸入剤の噴射と同時に吸入すること(同調)の必要がなく、同調の不得意な患者さんでも吸入できます。また、吸入操作が簡便で高齢者や小児でも取り扱いが簡単です。
また、「メプチンクリックヘラー」は、粉末吸入剤のため地球環境に影響を与える代替フロンなどの噴射剤を使用していません。

「メプチン」は、大塚製薬が自社で開発したβ2刺激薬で、1980年に気管支拡張剤として発売されました。「メプチン」は、発売以来、患者さんの年齢、病態にあわせて、錠剤、シロップ、ドライシロップ、エアー、吸入液ユニットなどの10剤型を開発し、患者さんのコンプライアンスの向上に努めてきました。現在、世界13か国・地域で販売されています。
「メプチンクリックヘラー」の剤型追加で、従来のエアゾール剤ではうまく吸入できない患者さんも含め、患者さんの状態に合わせて製剤を選んでいただけるようになります。

大塚製薬は 'Otsuka - people creating new products for better health worldwide'の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。

製品名 メプチン クリックヘラー 10μg
種類 気管支拡張剤
組成・性状 塩酸プロカテロール 2.0mg(1容器中)
包装 メプチン クリックヘラー 10μg ×5個
効能・効果 下記疾患の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解
気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫
用法・用量 塩酸プロカテロールとして、通常成人1回20μg(2吸入)、小児1回10μg(1吸入)を吸入する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
貯法 室温保存
使用期限 製造後 2年
承認年月日 2005年3月9日
薬価収載 2005年6月10日
薬価 2mg 1キット 1,496.3円

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

医療関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ