ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2015年
  5. 酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠」の日本における発売について

2015年2月26日

武田薬品工業株式会社
大塚製薬株式会社

医療関連事業

酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠」の日本における発売について

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:クリストフ・ウェバー、以下「武田薬品」)と大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:樋口達夫、以下「大塚製薬」)は、本日、武田薬品が創製した酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠10mg、同錠20mg」(一般名:ボノプラザンフマル酸塩、以下「タケキャブ」)について、日本で発売しましたのでお知らせします。

タケキャブは、武田薬品が創製したカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive Acid Blocker : P-CAB)とも呼ばれる新しい作用機序の酸関連疾患治療剤であり、胃壁細胞における酸分泌の最終段階に位置するH+, K+-ATPase(プロトンポンプ)をカリウムイオンと競合的に阻害することにより、速やかで強く持続的な酸分泌抑制作用を示します。2014年3月末に、武田薬品と大塚製薬は、本剤の国内における共同プロモーション契約を締結しています。

武田薬品の取締役 ジャパンファーマビジネスユニット プレジデントの岩﨑真人は、「当社は、タケプロン®の発売以来、20年以上にわたり酸関連疾患に悩んでおられる患者さんや、治療にあたる医療関係者の方々と向き合ってきました。この度、最適なパートナーである大塚製薬と共に、酸関連疾患治療におけるアンメット・メディカル・ニーズに対応する新たな治療オプションを提供できることを嬉しく思います。当社は、今後さらに、本剤を通じて酸関連疾患治療に貢献してまいります」と述べています。

大塚製薬の取締役(兼)専務執行役員 医薬営業本部長 玉井 進は、「当社は、消化管領域で独創的な治療薬ムコスタ®やヘリコバクター・ピロリの感染診断システムを構築し、診断から治療まで広く貢献してきました。この度、待ち望まれていた新しい酸関連疾患の治療薬タケキャブを武田薬品と共同でプロモーションして患者さんにお届けできることを嬉しく思います。今後も患者さんのヘルスケア向上を目指して革新的な創薬や診断薬の開発に努めてまいります」と述べています。

以上

タケキャブの概要

タケキャブの概要

共同プロモーション契約の概要

本共同プロモーション契約の概要は以下の通りとなります。その他の内容については開示しておりません。

契約一時金200億円・承認時マイルストン
武田薬品は大塚製薬から受け取る
対価
大塚製薬は武田薬品から売上に応じた一定の対価を受け取る
契約テリトリー
日本

本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

医療関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ