ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2015年
  5. 大塚製薬とブリストル・マイヤーズ スクイブ社 がん領域における提携契約の変更のお知らせ

2015年3月2日

大塚製薬株式会社
ブリストル・マイヤーズ株式会社

医療関連事業

大塚製薬とブリストル・マイヤーズ スクイブ社 がん領域における提携契約の変更のお知らせ

大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:樋口達夫、以下大塚製薬)とブリストル・マイヤーズ スクイブ社(米国ニューヨーク、NYSE:BMY)は、大塚製薬による「スプリセル」(一般名:ダサチニブ)に関する日本国内における情報提供活動を、2015年2月27日付で終了することに合意しましたのでお知らせいたします。

大塚製薬とブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、2009年4月にがん領域のグローバル契約を締結し、日本国内においては2011年1月より慢性骨髄性白血病とフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病の治療薬「スプリセル」について共同情報提供活動を行ってまいりました。今後、ブリストル・マイヤーズ株式会社が日本での情報提供活動を継続いたします。

今後も大塚製薬は「スプリセル」の米国、欧州、日本における売上に応じて、提携に伴うフィーを受け取ります。日本での共同情報提供活動終了に伴うフィーの減額や変更はありません。 なお、契約に関する今般の変更は日本国内に限定したものであり、米国や欧州における両社のパートナーシップに影響するものではありません。

以上


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

医療関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ