ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 大塚製薬について
  3. ニュースリリース
  4. 2021年
  5. 酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠」の口腔内崩壊錠に係る製造販売承認申請について

2021年3月22日

武田薬品工業株式会社
大塚製薬株式会社

医療関連事業

酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠」の口腔内崩壊錠に係る製造販売承認申請について

- 武田薬品が同社創製の酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠10mg、同錠20mg」の剤形追加として、口腔内崩壊錠「タケキャブ®OD錠10mg、同OD錠20mg」を承認申請

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:クリストフ・ウェバー、以下「武田薬品」)と大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上眞、以下「大塚製薬」)は、本日、武田薬品が、同社創製の酸関連疾患治療剤「タケキャブ®錠10mg、同錠20mg」(一般名:ボノプラザンフマル酸塩)の剤形追加として、口腔内崩壊錠「タケキャブ®OD錠10mg、同OD錠20mg」(以下、「タケキャブOD錠」)の製造販売承認申請を行いましたのでお知らせします。

本申請は、国内で実施されたヒト生物学的同等性試験(TAK-438ODT-1001試験)および溶出試験に基づくものです。

タケキャブOD錠は高齢者など嚥下機能が低下している患者さんも服用できます。また、治療の選択肢が増えることで服薬アドヒアランスの向上が期待できます。2014年に締結した国内共同プロモーション契約に基づき、製造販売承認取得後は、製造および販売は武田薬品が行い、情報活動は大塚製薬と武田薬品の両社で実施する予定です。


本ニュースリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

医療関連事業の最新ニュース

最新のニュースリリース一覧へ