ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. CSR
  3. 健康
  4. 熱中症対策
  5. スポーツ指導者を対象とした取り組み

CSRスポーツ指導者を対象とした取り組み

教育現場でも熱中症への関心が高まり、子どもだけではなく指導者向けの講座を実施してほしいという要望が多く寄せられたことから、2011年度に「大塚アカデミー・公開講座 指導者コース」を新設し、教職員、保護者への知識の普及に努めています。

大塚アカデミー 公開講座 指導者コース

子供から大人まで、楽しく安全にスポーツを実施するために、また初心者からトップアスリートまで、競技力を向上させるためには、現場におけるスポーツ指導者の役割はますます重要となっています。大塚製薬では公益財団法人日本スポーツ協会と連携し、全国約17万人の「公認スポーツ指導者」に対する養成講習会や研修会等において、大塚製薬の研究所で見出した最新の知見や研究データ等を基に、スポーツ栄養に関する情報提供を行っています。熱中症対策としての水分電解質補給や、疲労軽減や免疫対策等のコンディショニングのための栄養などについて、スポーツ指導者の方々が現場で活用できる最新情報を伝えることで、安心してスポーツを実施できる環境を提供し、スポーツの振興及びスポーツを通じた健康づくりに貢献したいと考えています。