ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 医療関連事業
  3. 事業紹介

医療関連事業事業紹介

世界の患者さんへ
新しい治療薬を提供する

精神疾患領域に加え、
神経疾患領域へ

中枢神経領域では、世界中で販売する抗精神病薬「エビリファイ」に続き、新たな治療の選択肢として、持続性注射剤(月1回製剤)「エビリファイメンテナ」を2013年に米国で発売、現在では50カ国以上で販売しています。新規抗精神病薬「レキサルティ」は、成人の大うつ病補助療法と統合失調症の適応症での承認を米国FDAより同時に取得し、2015年に米国で発売しました。2018年に日本で統合失調症治療薬として発売を含め、現在、約60カ国で展開しています。
2015年に買収した米国アバニア社は、情動調節障害の治療薬「ニューデクスタ」を米国で販売。アルツハイマー型認知症やパーキンソン病に伴う症状の治療薬などの開発を行っています。

世界で活躍する
大塚製薬の治療薬

がん領域では、造血幹細胞移植前治療薬「ブスルフェクス」を、当社およびパートナー会社を通じて世界50カ国以上で販売しており、全身放射線照射に取って代わる骨髄移植前の処置薬として標準薬剤治療法を確立しています。
また、米国アリアド*社と難治性の慢性骨髄性白血病の治療薬「アイクルシグ」の日本を含むアジア10カ国・地域の共同開発・商業化の契約を締結し、2016年から日本で販売を開始しました。

  • 2017年に武田薬品が買収

大塚製薬は、Otsuka Global Patient Access Support Policyを制定し患者の治療アクセス改善をすすめています。2019年からアジアの国・地域において白血病治療薬アイクルシグ錠を用いたOtsuka Patient Assistance Program (OPAP) を実施しています。OPAPは、保険償還が不十分な場合あるいは経済的な理由で治療費を支払えない患者さんに対して薬剤提供等による経済的支援を行い、医療へのアクセス及び治療成績を改善する目的で実施しています。

循環器・腎領域では、バソプレシンV2-受容体拮抗剤「サムスカ」は、経口水利尿薬としての新しい価値や使用方法が医療現場で浸透してきています。また「サムスカ」は、腎臓の難病である常染色体優性多発性のう胞腎(ADPKD)の世界で初めての治療薬として2014年に日本で承認を取得し、海外では「ジンアーク」の製品名で販売しています。「サムスカ/ジンアーク」の販売国は世界40カ国以上に拡大しています。

眼科領域では、ドライアイ治療剤「ムコスタ点眼液」、緑内障治療剤「ミケランLA点眼液」「ミケルナ配合点眼液」を販売しています。
(2021年8月現在)

疾患領域

中枢神経

精神・神経疾患をもつ患者さんの社会復帰を目指して。

がん

大塚製薬のがん領域(血液がん)への取り組み。

循環器・腎

一つの化合物から無限の可能性を追い求める。

結核

結核と共に生きる。

眼科

世界で目の疾患に苦しむ方々へ貢献するために。

私たちの夢は、ものまねではない
全く新しい薬を患者さんたちに届けること。
これが、大塚製薬が革新的な製品開発に挑戦し続ける理由です。

大塚製薬は従来の創薬に加えて積極的に
最先端のアカデミアやベンチャー企業とも連携。
自由な発想をぶつけあうことで、
数多くのユニークな化合物を開発しています。