ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 医療関連事業
  3. 事業紹介
  4. 循環器・腎

循環器・腎

一つの化合物から
無限の可能性を追い求める

大塚製薬の創薬の起源は1971年にその可能性を見いだした「カルボスチリル骨格」です。この骨格を礎として、研究者は患者さんを最優先に考え、他社が行っていないテーマを選び、熱意と信念を頼りに新薬の研究開発を進めてきました。循環器領域では、1980年に心臓の病気のための治療薬を自社創製。その後も「ものまねをしない」という大塚独自の研究開発を追求していった結果、独自の作用を持つ抗血小板剤(慢性動脈閉塞症や脳梗塞の再発抑制)や世界初の経口水利尿薬など数々の画期的新薬の創製につながっています。

当時、むくみなどの治療で使用される従来の利尿薬は、水と一緒に電解質も排出されるという課題がありました。「水だけを出す利尿薬が欲しい」― ある臨床医のひと言から大塚製薬は研究をスタートさせました。その後26年もの歳月をかけ、世界初のメカニズムをもつ治療薬の開発に成功。心不全や肝硬変による浮腫の治療に使用されるだけでなく、治療薬のなかった難病の遺伝性腎疾患である ADPKDの治療薬としての適応も取得し、世界中の循環器・腎領域疾患の治療に貢献しています。

大塚製薬は、これからもあきらめない探究心をもち、創造的な挑戦を続けていきます。

ADPKD(常染色体優性多発性のう胞腎)について

ADPKDは遺伝子の変異により両方の腎臓にのう胞(液体が詰まった袋)が無数にできて腎臓が何倍にも大きくなり、腎機能が徐々に低下していく遺伝性の病気です。多くの場合は30~40歳代以降に症状が現れ、血尿、腹痛・腰背部痛、腹部膨満などが見られます。60歳までに半数近くの患者さんが末期腎不全にいたると言われています。遺伝性の疾患のなかでも発症頻度が高く約4,000人に1人が患っているとされています。

関連リンク

疾患領域

中枢神経

精神・神経疾患をもつ患者さんの社会復帰を目指して。

がん

大塚製薬のがん領域(血液がん)への取り組み。

結核

結核と共に生きる。

眼科

世界で目の疾患に苦しむ方々へ貢献するために。