結核

結核と共に生きる

世界中の誰もが、結核にかかる可能性があります。結核は、アフリカの平原からペルーの山地、欧州や北米の都市に至るまで、あらゆる地域に存在する病気です。ただし不治の病ではありません。近年においても毎年100万人以上もの人々が亡くなっていますが、その一方で、結核と全力で闘い克服した人々がいます。

これからご紹介するのは、患者さん、看護師、ソーシャルワーカー、医師の間で育まれた勇気や友情や絆を伝える、希望に満ちた物語です。結核との闘いでは、病気の治療だけでなく患者さんの心のケアが重要です。常に患者さんを第一に考え、一人ひとりの患者さんの視点を忘れない。
これは大塚製薬の考えのひとつでもあります。ここに紹介させていただく内容は、結核という病気の一部を描いているにすぎませんが、結核と闘う患者さんとご家族・友人の方々の参考と励みになることを願っています。

  • WHOレポート

一度は、克服されたと考えられた結核は、形を変え、現代でも世界中で新たな公衆衛生上の課題となっています。
大塚製薬では、自社新薬の研究開始当初から、研究テーマとして「多剤耐性結核」の治療薬の研究開発に取り組み、ひとつひとつ成果を積み重ねています。

結核についてもっと知る

結核は、結核菌により引き起こされ、人から人にうつる感染症です。
「昔の病気」ではなく現在も深刻な健康問題であり、身近な病気です。

関連リンク

疾患領域