栄養素の役割と摂取状況

栄養素の役割

なぜ食べなければならないの?

人間はどうして食事を摂るのでしょうか?おなかがすくから?美味しいから?それだけではありません。人間は食物から「エネルギー」をもらっているのです。走ったり、跳んだり、歌ったり、もちろん寝るときにも・・・・・・つまり、どんなときにもエネルギーが必要となり、必要なエネルギーのすべては食べることによって作られているのです。また、人間の身体を構成している筋肉や臓器、骨などの組織。それらも食物に含まれる栄養素によって構成されています。このように、食事を摂り、エネルギー源や身体を構成する成分となる栄養素を摂取すること、すなわち「栄養補給」は、人間が生命活動を維持するために不可欠なのです。

監修:至学館大学 健康科学部 栄養科学科 助教 杉島 有希先生
(管理栄養士・公認スポーツ栄養士

公益社団法人日本栄養士会および公益財団法人日本体育協会の共同認定による資格