ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. ニュートラシューティカルズ関連事業
  3. 事業紹介
  4. 栄養
  5. 栄養研究室
  6. Postexercise nutrient intake timing in humans is critical to recovery of leg glucose and protein homeostasis

栄養Postexercise nutrient intake timing in humans is critical to recovery of leg glucose and protein homeostasis

Levenhagen DK, Gresham JD, Carlson MG, Maron DJ, Borel MJ, Flakoll PJ
Am J Physiol Endocrinol Metab 2001; 280: E982-E993

目的

運動後のタンパク質+糖質サプリメントの摂取タイミングが、筋タンパク質代謝に及ぼす影響を検討すること。

方法

健常成人男女10名 (男性5名、女性5名) を対象に、タンパク質+糖質サプリメント (タンパク質10g、糖質8g、脂質3g) を運動直後、または運動終了3時間後に摂取する2条件にて、クロスオーバー比較試験を実施した。自転車こぎ運動 (最大酸素摂取量の60%強度) を1時間行った直後、または終了3時間後にタンパク質+糖質サプリメントを摂取させ、摂取後3時間の筋タンパク質代謝を、安定同位体標識Phe(2H5 -Phe)を用いた動静脈格差法にて測定した。

  • 安定同位体標識Phe(2H5 -Phe)を用いた動静脈格差法:組織でのタンパク質バランス(取込量・放出量)だけではなく、タンパク質の合成速度および分解速度についても評価可能な方法。この方法を用いることにより、筋タンパク質バランスの変化が筋タンパク質合成の変化によるものか、筋タンパク質分解の変化によるものかについての検討が可能。

結果

タンパク質+糖質サプリメントの運動直後および運動終了3時間後の摂取を比較すると、筋タンパク質合成が運動直後の摂取でより大きく、正味の筋タンパク質バランスも合成状態であった。

考察

骨格筋量の増加に有効な運動後のタンパク質+糖質サプリメントの摂取タイミングは運動直後であることが示唆された。

タンパク質+糖質サプリメントの摂取タイミングが筋タンパク質代謝に及ぼす影響
出典:Am J Physiol Endocrinol Metab 2001; 280: E982-E993を改変

その他の重点分野