大塚製薬
製薬は女性の健康づくりを
サポートします
  • LINEで送る

月経前だけじゃない!?排卵日や月経中にもPMS症状が出ることも | PMSラボは月経前の心や身体の不調「月経前症候群」に関する情報サイトです。

月経前だけじゃない!?排卵日や月経中にもPMS症状が出ることも

PMSは月経が始まる1週間くらい前から症状が出て、月経開始後は症状が弱まるか、なくなってしまうもの、とされます。でも実は、こうした典型例のほかにもいくつかのバリエーションがあるようです。

PMS、4つの出現パターン

PMSについてまとめた総説では、症状の出現パターンを4つに分類しています。

PMSの出現パターン

(Clin Obstet Gynecol; 26(3): 710-718, 1983)

月経前の約1週間だけではなく、排卵日の直後から月経開始時までずっと症状が続く人や、排卵日前後にも症状が出るような人もいます。実際、日本で行われた調査では、排卵日ごろにむくみ、にきびや吹き出物、イライラがピークになる(※1)、という人や、月経前よりも月経中のほうが下腹部痛や腰痛、眠気、集中力の低下といった症状が強くなる(※2)、という人がいることも分かりました。
「PMSは月経前に起きるもの」という思い込みをいったん捨てて、少し柔軟に考えてみると、思い当たる症状はありませんか?毎月、どの時期に症状が現れるか、あらためてチェックしてみましょう。

月経前以外なら、ほかの病気の可能性もある

しかしそうは言っても、「これもPMSかな……」と思っていたらほかの病気だった、ということもあるので注意が必要です。たとえば、月経中に症状が強く出る場合は、月経困難症かもしれません(「PMSと月経困難症」参照)。「PMSが長引いているだけ」と自己診断してしまうのは危険です。また、病気ではありせんが、妊娠のきざしとして現れる症状もPMSと似ているところがあります。
PMSと思われる症状がいつ出るにしても、あくまでも1つの可能性としてPMSがある、と捉えるようにしましょう。

つらい症状があれば、「これもPMSだから仕方がない」とセルフケアでやり過ごすのではなく、婦人科に相談することをおすすめします。

※1 女性心身医学; 1(1): 23-25, 1996
※2 女性心身医学; 9(2): 119-133, 2004

  • LINEで送る