大塚製薬
製薬は女性の健康づくりを
サポートします
  • LINEで送る

ビタミン、ミネラル、ハーブの有効性について | PMSラボは月経前の心や身体の不調「月経前症候群」に関する情報サイトです。

ビタミン、ミネラル、ハーブの有効性について

PMSの悩みをかかえる人には、症状が軽くなるという栄養素やハーブなどが魅力的に感じられるかと思います。とはいえ、さまざまな口コミが飛び交っていて、どれが本当に効くのか、またどれが自分に合うのか悩むところではないでしょうか。そこで今回は、過去に行われた多数の研究成果をもとに、PMSの予防や症状の改善作用が期待される栄養素やハーブについて紹介します。

PMSの症状改善に有効とされる成分

「PMS対策に役立つ」という研究結果が得られたビタミンやミネラル、ハーブ類は、2008年4月までに少なくとも62種類ありました(注)。このうち、「ランダム化比較試験」という厳密な方法で試験を行ったものだけを選び出して検討したところ、残ったのは10種類。
それぞれについて、試験の結果を総合的に評価・分析し、「有効」「おそらく有効」「有効ではない」などと判定したところ、「有効」との結論に達したのはカルシウムのみ、「おそらく有効」はビタミンB6 とチェストベリーの2つでした。なおマグネシウム、ビタミンE、イチョウ葉、サフランは「証拠不十分、さらに試験が必要」、セントジョンーズワート、大豆については「有効ではない、さらに試験が必要」、月見草油については「有効ではない」と結論づけられています。

(注)単独のビタミン、ミネラル、ハーブの有効性について検討した試験が対象。複数を混ぜ合わせたもので行った試験は対象外。

PMSの症状改善に役立つか否かの判定

(Can J Clin Pharmacol; 16(3): e407-e429, 2009)

カルシウム、ビタミンB6、チェストベリーの摂取方法

カルシウムの補給源として優れているのは、牛乳などの乳製品です。乳製品のカルシウムは身体に吸収されやすいという利点もあります。また豆腐や納豆といった大豆食品、小魚、ひじきやわかめなどの海草類、小松菜やちんげん菜などの緑黄色野菜にもカルシウムが豊富に含まれます。
ビタミンB6の補給源になるのは魚介類や肉類です。特に赤身のまぐろやかつお、牛、豚、鶏のレバーに多く含まれます。
チェストベリーは、ヨーロッパで親しまれているハーブ「チェストツリー」の実です。サプリメントや医薬品の成分として使われていて、日本では、チェストベリーの乾燥エキスを有効成分とするPMS治療薬が出ています。

PMS改善に役立つ栄養素についてもっと見る

  • LINEで送る